日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おへその大将
オヘソノタイショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年06月20日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「世界大戦争」の木村武と「貸間あり」の藤本義一が共同で脚本を執筆、「はぐれ念仏 歓喜まんだら」の佐伯幸三が監督した社会ドラマ。撮影もコンビの黒田徳三。

スタッフ

製作
角田健一郎杉原貞雄
構成
椎名竜治
脚本
藤本義一木村武
監督
佐伯幸三
撮影
黒田徳三
音楽
真鍋理一郎
美術
加藤雅俊
照明
下村一夫
録音
中川浩一
スチル
池上恭介

ストーリー

大阪の東、平野川の畔には開発隊と呼ばれるスラム街がある。ここの住人は、旧砲兵工廠跡の残骸から鉄材や金塊をかっぱらって生活をたてていた。夜更けて侵入する彼等の群と守衛や警察の間では、西部劇さながらの攻防戦が絶えなかった。この地のはずれにある児玉医院は、子供たちのオヘソの診察、夫婦喧嘩の治療と彼らのよろず相談所だ。ここの医師児玉は豪放洒脱な男で、商売を度外視して妻の綾子と共に彼らの面倒をみているが、貧しい患者ばかり相手では生計すらたたないありさまだった。そんなある夜、例の襲撃で警察側はついに発砲し死者を出した。そのため孤児になった銀子を、子のない児玉夫妻はひきとったが、二度とこんなことのないよう児玉は彼らに熱心に更生をすすめるのだった。彼の熱意に動かされ、彼らは石けんの箱造りによって生計をたて、健全な町造りをしようと決心した。だが、そんな時、集落の子供が遊んでいる最中に大怪我をしてしまった。子供の治療のためには大金が必要なところへ、内職先の工場までが倒産した。もう児玉にはまかしておけないと、彼らは再びあの鉄骨の奥に残っている豊富な資源を求めて襲撃に出動した。しかし、警察のサーチライトに追われ、彼らは離ればなれに逃げ去った。児玉の善意にそむいたため住みなれた士地へも帰れずに街をうろつく彼ら。こんな彼らにとって、あの土地以外に安住の地はなかった。児玉のとりなしで警察との話もつき彼らはこのスラム街へぞろぞろともどって来た。今度こそ、と明日への再出発を誓う大人達、間を走りまわる腕白小僧たちの顔も明るい。そして、やがて子供が生まれることになった児玉医院も新しい喜びにわくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。