日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ソーラン渡り鳥
ソーランワタリドリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年05月27日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
71分  

「のこされた子とのこした母と」の浅井昭三郎のオリジナル・シナリオを「色の道教えます 夢三夜」の加戸敏が監督した股旅歌謡もの。撮影は「のこされた子とのこした母と」の竹村康和。

スタッフ

企画
税田武生
脚本
浅井昭三郎
監督
加戸敏
撮影
竹村康和
音楽
高橋半
美術
神田孝一郎
照明
島崎一二
録音
長岡栄
スチル
浅田延之助
編集
山田弘

ストーリー

ここ北海道の江差の港には、毎年鰊の頃になると多勢の男たちが集って来る。その中の一人新三は、いつか土地の娘お妙と愛し合うようになった。彼は江戸の行徳一家の身内だったが、つまらぬいざこざからこの北国まで流れて来ていたのだ。ある日、土地の漁師達ともん着を起した新三は、これを機に江戸へ帰ることにした。新三の出発の日、お妙は母の急病で見送ることが出来なかった。そんな別れ方をした新三は、仲間の病気のため釜石の安宿に泊っていたが、そこで彼は江差港で顔なじみの鳥追いの姉妹、おこま、おとりに出逢った。姉妹の口から新三は、母に死なれたお妙が自分を追って旅に出たことを知った。一方、江戸へ向うお妙は、途中お仙という女と知り合った。道中を共にした二人はある宿で、偶然、行徳一家の乾分が新三を亡き者にしようと相談しているのを耳にした。そんな時、ばったり新三の仲間為五郎と出逢ったお妙は、さっそく一部始終を告げ彼らと落ち合う場所をしめし合せた。それを知ったお仙は、金にしようとこのことを行徳方に売ってしまった。せっかくの新三との出逢いも行徳らの邪魔が入り、お妙は再び一人になった。悲しみに沈みながらもお妙は、鳥追いの姉妹の言葉をしるべに旅を続けた。途中、二人のやくざが多勢を相手に喧嘩し、一人は死に一人は海に投げ込まれたという話を聞いたお妙は、今はもう終りと海へとび込もうとした。そこへ大声でお妙を呼びながら駆けて来たのは意外にも死んだと思った新三だった。幸運にも一命をとりとめた新三は、今行徳一家へ乗り込み親分をはじめ乾分達を斬り、仲間の為五郎の恨みを晴らして来たところだった。そして母の墓のあるこの海辺にやって来たのだ。ようやくめぐり会えた二人は、二度と離れまいと抱き合うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。