日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

天使と野郎ども
テンシトヤロウドモ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年02月11日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

金子担と猪谷寧が共同で脚本を執筆、「人間狩り」の松尾昭典が監督したアクションもの。撮影は「ノサップの銃」の萩原泉。

スタッフ

企画
大塚和
脚本
金子担猪谷寧
監督
松尾昭典
撮影
萩原泉
音楽
鏑木創
美術
松井敏行
照明
吉田協佐
録音
橋本文雄
スチル
石川久宣
編集
井上親弥

ストーリー

ここはある都市。競輪場の利権をめぐって赤木組と新興勢力の黒田組とは、ことごとに争っていた。組長赤木の片腕猪ノ原は強気一点張りだが、黒田は県会議員の谷山をだきこんで赤木組を狙っていた。また組の兄貴株の上村義雄は、愚連隊のあこがれで、度胸も腕ッ節も一流だったが、やくざの世界を嫌い、足を洗おうとしていた。だが、弟の健児はやくざに憧れ兄の義雄のようになりたいと、いっぱしのチンピラを気取っていた。ある日、赤木組は黒田組の本拠に殴り込みをかけたが義雄は拳銃にうたれ病院に運ばれた。そこで義雄は、看護婦の妙子と知りあい、将来を誓いあった。退院した義雄は赤木に盃を返したいと申し出た。ちょうどそんな時、谷山が県庁の要職につき、黒田組と結託して、赤木組を圧迫していた。赤木と猪ノ原は義雄の申し出に交換条件として、黒田の暗殺を命じた。それを知った健児は、代役を買ってでて暗殺に失敗した。黒田は一命をとりとめて病院に運ばれたのだ。その失敗を赤木組長になじられた健児はやけくそになり、黒田を殺しに再び病院に走った。その傷害事件が弟健児の仕業としった義雄は、赤木組にかけつけた。そこで義雄は、赤木と猪ノ原の「健児が黒田を殺ったらサツに健児を売ってしまえ」という相談を壁ごしに聞いて怒りを爆発させた。「畜生!やくざなんてこんなものか」義雄は二人を射殺すると、健児にだけは殺しはさせないと後を追った。病院では黒田の手術が行われていた。健児が引き金を引こうとした時、義雄が飛びこんで来た。健児は殺人をまぬかれた。だが、義雄は刑事に引かれて行った。その帰りを待つ妙子と健児の顔は涙でぬれていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。