日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

男と男の生きる街
オトコトオトコノイキルマチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1962年01月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

「追跡」の熊井啓と、「暗黒街の静かな男」の舛田利雄が共同で脚本を書き、舛田利雄が監督した記者もの。撮影は「アラブの嵐」の山崎善弘。

スタッフ

企画
水の江滝子
脚本
熊井啓舛田利雄
監督
舛田利雄
撮影
山崎善弘
音楽
伊部晴美
美術
松山崇
照明
藤林甲
録音
橋本文雄
スチル
斎藤耕一
編集
辻井正則

ストーリー

大阪西成区で、朝倉という画家が殺された。主任刑事北川の追及で有力容疑者松丸が捕まったが、毎朝新聞記者岩崎には何かわりきれないものがあった。朝倉の妹和枝に、朝倉がフランスから帰国の船上で写した写真を見せてもらった岩崎は、朝倉と仲よく並んで写っている女が、殺人現場にいた謎の女であるのを見てハッとした。その船の名は広洋丸。これは岩崎にとって忘れがたい船だ。広洋丸にからんだ密輸事件を追及中、刑事だった岩崎の父は、誤って若い刑事北川の銃弾で死んだのだ。だから岩崎は北川を憎んでいるが、妹の恵美が北川を愛しているのを知って悩んでいた。広洋丸の線を押した岩崎は、松丸がその船員だったことを知り、またあの密輸事件とこんどの朝倉殺害事件が無関係でないことを確認した。北川刑事は松丸を釈放して泳がせることにした。松丸は朝倉のもとへ行ったが、そこにはあの謎の女冴子がいた。冴子は松丸の姉だった。芸者の生活から逃れたいと思っていた彼女を、フランスへ連れていってやろうという男が現れ、冴子もそれに飛びついたのだった。そしてフランス行き、画家、朝倉との宿命的な恋--。それを男に知られて帰国させられ、彼女を追って朝倉も帰国すると、まもなく殺された--。そこに、松丸が殺されるという事件が発生、冴子の身辺も危うくなり、彼女は岩崎にすべてを打ち明けた。彼女をパリへ連れて行った男は密輸業者の坂口、恋のさやあてが発展して、朝倉は密輸をタネに坂口をゆすって、逆に殺されたのだった。そて松丸も。真相を知られた坂口は、岩崎と冴子をおびき出した。北川刑事も坂口の手で殺された。仮面をはいだ密輸団の口から、北川が岩崎の父を殺したのでなく、すべて坂口の奸計であることがった。パトカーの音を聞いた一味は火薬に火をつけた。岩崎は冴子の手をひき、傷ついた北川を抱いて脱出した。岩崎と北川の対立意識はこうして消えた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。