日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京パトロール 終列車の少年
トウキョウパトロールシュウレッシャノショウネン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年10月17日 
製作会社
ニュー東映東京 
配給会社
ニュー東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
52分  


スタッフ

企画
川崎修英
原案
長興裕之
脚本
葉山浩三
監督
佐伯清
撮影
田中義信
音楽
小沢秀夫
美術
北川弘
照明
梅谷茂
録音
矢島一隆
スチル
永嶋幾善
編集
鈴木寛

ストーリー

夫婦喧嘩の仲裁、押売りの訴えとダイヤル110番は目の回る忙しさ、警視三五一号も朝からサイレンを鳴らしっ放しである。息つく間もない瀬川、小野田両警官は、今度は無銭飲食の少年の留置である。その夜、勤務の終えた瀬川は恋人道子とのデートを楽しんだが、昼間の少年のことが気にかかって仕様がない。道子を引っぱって警察に引返した瀬川は、少年が四国から母を尋ねてやって来たという事情を知って少年を自分の寮に引取ることにした。余りの行過ぎに道子は大むくれ、遂に喧嘩別れとなってしまった。少年健一の言う母の住所も、ただ麻布というだけで後は何の手がかりもない。それから、瀬川、小野田の両警官は事ある毎に派出所に車をとめて健一の母を探しだした。やがて、同僚の力でやっとそれらしい人の所在を知ることができた。電器メーカーの専務夫人で麻生房江、子供三人持ちの上流家庭夫人である。訪れた瀬川に、房江は健一が自分の子であると認めながら何故か会うことをためらった。麻生に見染められて後妻として入っている彼女は、結婚前の誤ちから生れた健一の存在を夫に知られたくないためだ。健一の出現で、家庭の平和が乱れることを恐れた房江は、わが子に愛しさを感じつつも健一との再会を断念、四国の親戚の許へ健一を帰してくれるよう頼みこむのだった。瀬川はその苦衷を察して健一を帰すことにした。東京駅に健一を見送る瀬川と小野田、その後の鉄柱の蔭から房江の万感をこめた涙の瞳があった。やがて列車は発車して行った。その時、階段を駆け上って道子と房江の夫麻生が現われた。道子は房江の気持を話して麻生を説きふせ、健一を迎えにやって来たのだ。皆をのせた警視三五一号はサイレンを鳴らして品川駅に急行した。健一をしっかと抱いて嬉し泣きする房江と麻生を残して、再びパトロールにつく瀬川、小野田両警官の顔は明るかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。