日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東から来た男
ヒガシカラキタオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月18日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Man from the East  
上映時間
101分  

須藤勝弥・蓮池義雄・井上梅次の共同脚本を「女は夜化粧する」の井上梅次が監督したアクション・ドラマ。「縞の背広の親分衆」の岡崎宏三が撮影した。

スタッフ

製作
杉原貞雄
脚本
須崎勝弥蓮池義雄井上梅次
監督
井上梅次
撮影
岡崎宏三
音楽
鏑木創
美術
近藤司
照明
下村一夫
録音
中川浩一
スチル
富田忠

ストーリー

駅前の焼跡には、火事で両親を失いボクサーの兄を試合で失った道子、哲夫の姉弟が住んでいた。二人は銘菓の老舗「むらさき堂」を再建しようと頑張っている。いつしかこの焼跡に住みついた人達も、地代も請求しない姉弟に協力を誓っていた。ところがこの土地が新幹線道路にそって、将来一等地になることを知った土地のボス唐沢は、暴力を使って焼跡の人達を追い出しにかかり、姉弟には甘言をもって土地買収をはかった。こうしたある夜、街のバーで唐沢の子分達に殴打されていた流しのギター引き謙太が、焼跡の住人達の仲間入りした。逞ましい若者だが、何故か過去を語ろうとせず暴力にも手を出さない謙太の態度に、道子をはじめ皆が好意を持った。ところが唐沢は、不敵な笑いを浮かべながら、再三の暴力に無抵抗だった謙太の存在を無気味に思い、ボクサー上りの用心棒上杉に謙太追放を命じた。上杉は謙太に見おぼえがあったものの、正体のつかめぬまま彼に退去を勧告したが、謙太はそれにも従わず、またも唐沢の子分に袋だたきにされた。倒れた謙太を介抱する道子は、いつしか彼に乙女心を燃やしていた。一方、菓子屋の見習をするかたわら、好きなペットをジャズ喫茶で鳴らしていた哲夫は、むらさき堂の再建もダメになったと、ぐれていった。その哲夫から甘言をもって唐沢は土地を買収し、謙太の前身を姉弟に暴露した。謙太こそ姉弟の兄をリングの上で殺した男だったのだ。一時は謙太を憎んだ姉弟だったが、やがて全てを水に流し、亡き兄の親友として謙太を迎えるのだった。そしてますます悪らつな手段で市政まで牛耳るようになった唐沢に、謙太は今こそ善良な住民に代って、その黄金の右腕を賭けて立ち上ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。