日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京の夜は泣いている
トウキョウノヨルハナイテイル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月22日 
製作会社
新東宝映画 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

柳川創造・大野康豊・橋野芝夫の共同脚本を、「風流滑稽譚 仙人部落」の曲谷守平が監督した歌謡メロドラマ。「恋愛ズバリ講座」の山中晋が撮影した。

スタッフ

企画
岡本良介
原案
川内康範
脚本
柳川創造大野康豊橋野芝夫
監督
曲谷守平
撮影
山中晋
音楽
吉田正
美術
朝生治男
照明
秋山清幸
録音
鈴木勇
スチル
米田信行

ストーリー

夏江はナイト・クラブ「エスクワイア」で歌っての帰り、暗い河端で与太者に因縁つけられて困っているところを滝正哉に救われた。夏江は妹の由紀を音楽学校に通わせるため、死んだ父の友人である代議士田宮の世話になっていた。彼女はあの日滝が落した定期入れを届けた。夏江は滝が忘れられなくなっていた。だが、由紀が積極的に彼に近づいた。夏江がテレビに出演できるようになった。滝建設とは商売仇の須藤興業の須藤が田宮に頼まれて工作したからだ。須藤は田宮を動かし、榛名山のケーブル工事を請負うつもりだった。須藤が田宮に二百万円渡したらしいと聞いた滝の父親は現地に行ったが死体となって発見された。由紀は夏江と喧嘩して家出した。その夜、夏江は料亭「竹むら」で田宮に抱かれた。「竹むら」の女将みすずも、須藤が改築費を出してやるというので、彼に身を任せた。由紀は滝の友人である新聞記者の瀬川から滝の父親の死をめぐる汚職を知り、恋人の父を殺した田宮と須藤に関係がある夏江と紀州へ旅行した。みすずも「竹むら」をやめる決心をした。帰京した夏江は田宮に別れたいと言った。滝はタイに招かれた。夏江は由紀をせきたて羽田へ発たせた。田宮の逮捕は目前となった。滝と由紀は祝福されて発った。その夜、夏江はただ一人滝と始めて会った河端を歩くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました