日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

無情の夢
ムジョウノユメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月22日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
53分  

「都会の空の用心棒」の小川英の脚本を、「雨に咲く花」の中島義次が監督した歌謡アクション。撮影は「花と娘と白い道」の萩原泉。

スタッフ

企画
笹井英男
脚本
小川英
監督
中島義次
撮影
萩原泉
音楽
池田正義
美術
柳生一夫
照明
吉田一夫
録音
福島信雅
スチール
寺本正一

ストーリー

船員相手のバー“トト”に五郎が入ってきた。彼はマダムの陽子に圭子の住所をきいた。そこへヤクザの南条がきて五郎にからんだ。五郎は南条を殴り倒してバーを出た。横浜港を見下す丘の上で、五郎は圭子に語った。二人が結婚したら船員をやめ、喫茶店を開く計画を。が、圭子の表情は何故か暗かった。五郎の最後の航海を圭子が見送った日、夫の藤木信一が刑務所を出所する通知がきた。キャバレー“スワン”では社長の松江と南条、北川が藤木を利用する相談をしていた。そんなことを知らぬ五郎は、航海から帰ると計画の店を用意し、圭子を探した。彼女から真相を聞いた五郎は呆然とした。松江は五郎に用心棒にならぬかといった。彼は断った。“スワン”の歌手明男が五郎に「九時、第三突堤で待つ」と書いたマッチ箱を渡した。藤木は松江組の法律顧問で、以前、麻薬を一度だけ運んだ明男の父を殺した。これは松江の仕組んだ罠だった。明男は復讐を誓ったが確証がない。陽子は何かを知っていた。連日、松江は五郎の店に厭がらせをした。藤木も圭子も松江に脅迫された。五郎は二人を助けようと努力した。五郎に殺人事件をさとられた松江は、藤木に五郎を殺せと命令した。陽子は五郎の店にきて、真相を語った。犯人は松江で、藤木に罪をきせたのだ。そこへきた藤木は、無実としって拳銃を捨てた。松江一味は逮捕された。五郎は店を圭子と藤木にやると書いた手紙を残して、再び船に乗った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。