日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

でかんしょ風来坊
デカンショフウライボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月19日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Righteous Hero  
上映時間
82分  

松浦健郎の原作を、原作者自身と今村文人が共同で脚色し、「波涛を越える渡り鳥」の斎藤武市が監督した喜劇調のアクションもの。撮影も「波涛を越える渡り鳥」の高村倉太郎。

スタッフ

企画
岩井金男
原作
松浦健郎
脚色
松浦健郎今村文人
監督
斎藤武市
撮影
高村倉太郎
音楽
小杉太一郎
美術
坂口武玄
照明
大西美津男
録音
米津次男
スチル
斎藤耕一

ストーリー

東京は銀座--ここのズベ公グループ、ピンク・アパッチ団の春子、夏子、秋子、冬子が得意のタンカを切っていた。にやけたイカサマ青年がおタマ婆さんを誘拐したというのだ。週刊「あなた自身」に写真を売り込み中の松の湯の娘秀子がさかんにシャッターをきった。そこへ一本槍鬼左衛門の車が突込んできた。春子たちは一本槍につめよった。秀子はレストランを経営する次郎に知らせた。次郎は春子たちを店に呼んでその場をおさめた。秀子のせっかくの写真を金井編集長はとりあわなかった。翌朝、湘南電車に秀子と次郎が乗りあわせた。二人の行先は茅ケ崎で、元総理大臣一本槍邸。秀子は写真を持って、次郎は春子たちの更生を頼みに行くのが目的だった。一本槍は写真のおタマ婆さんをみて驚いた。彼は次郎を呼んで、昔の恋人おタマ婆さんを内密に探してくれと頼んだ。開発会社の出羽亀三が松の湯を買占めようとやってきた。次郎のレストランには山形虎三という男が現われた。次郎が二人とも追いかえした。両方とも暴力団体コンゴ会の身内だ。その夜、次郎はおタマ婆さんをみつけ一本槍に知らせた。婆さんこと井手タマ子は四十年前、一本槍青年との恋を裂かれ、悲嘆にくれた彼女は金持になりたいとブラジルに渡った。今はコンゴ会を使って銀座の土地買占めをしていた。次郎はお春をタマ子の秘書にしようとした。お春の母お時は彼女を生むと死に、温泉宿の三助・金助に育てられた。お時は一本槍とタマ子の間に出来た子供だという。タマ子はこれを聞いて気絶した。虎三と亀三は顔を見合せてうなずきあった。次郎は一本槍に春子が孫だと告げた。コンゴ会は遺産相続の書類をタマ子から奪った。次郎はコンゴ会に乗りこんで、書類はニセ物だといった。ピンク・アパッチ団の応援で、次郎はコンゴ会をなぎ倒した。一本槍もかけつけた。翌日、タマ子は買占めをやめて、デパートを建てることにした。次郎と秀子は肩を組みあって銀座をかっ歩した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。