日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ママ恋人がほしいの
ママコイビトガホシイノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年11月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
73分  

婦人生活懸賞当選第一席、西川澄子の『私』を原作に「女家族」の岡田達門が脚本を書き「ヨットとお転婆野郎」の堀池清が監督した女子高校生もの。撮影も「ヨットとお転婆野郎」の藤岡粂信。

スタッフ

企画
柳川武夫
原作
西川澄子
脚色
岡田達門
監督
堀池清
撮影
藤岡粂信
音楽
伊部晴美
美術
横尾嘉良
照明
高橋勇
録音
片桐登司美
編集
丹治睦夫

ストーリー

馬淵スミ子は末ッ子で高校生。“息子”を略した“ムコ”がニックネームで、誰も本名を呼んでくれない。大学生の兄伸夫の学友古木も彼女にはタジタジである。ある日、公園で姉の直子のラブシーンを目撃したスミ子は“不潔だわ”とばかり大憤慨だが、そんなスミ子を姉も兄も子供扱いするので、ムコはフトンをかぶって泣いてしまう。翌朝、登校した彼女を待っていたのは、皆のあこがれの的、音楽の香月先生が恋愛結婚をするという話。「恋愛なんてフケツ!」という彼女も「正しい恋愛はお互を高めていくものじゃないかしら」という先生の言葉に考え込んだ。そんなとき、兄伸夫の恋人が胸の病を苦にして自殺し、それを悲しむ兄をみて、ムコはますます“恋”というものを考えるようになった。一方、伸夫を心配した友達の発案でキャンプをすることになり、古木やムコもメンバーに加わったが、ムコは湖畔で古木から「君が好きだ」とささやかれてビックリするが、それはちっともフケツではなかった。キャンプから帰って、ムコは変った。父母に結婚を反対されている姉を励まして、相手の青年のもとに走らせたのもムコだ。古木の父が亡くなり、彼は学校をやめて故郷へ帰ることになった。駅頭には伸夫たち友人が多勢送りにきた。汽車が動き出したとき、古木は突然、カン高い声を聞いた。「古木の兄ィガンバレ!」とムコがホームを走りながら手を力いっぱい振っていた。彼女の眼は涙で濡れていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。