日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

海峡、血に染めて
カイキョウチニソメテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年10月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

大村隆弘の原作を棚田吾郎が脚色、「峠を渡る若い風」の鈴木清順が監督した海上保安庁の活躍を描いたアクションもの。撮影は「銀座ジャングル娘」の峰重義。

スタッフ

企画
芦田正蔵笹井英男
原作
大村隆弘
脚色
棚田吾郎
監督
鈴木清順
撮影
峰重義
音楽
大森盛太郎
美術
中村公彦
照明
安藤真之助
録音
沼倉範夫
スチル
式田高一
編集
鈴木晄

ストーリー

海上保安大学学生船越洋介は実習生として、生まれ故郷対馬に派遣される連絡船上で、恋人の後を追って対馬に向うひろみという女と知り合った。下船の際、昔洋介の家で働いていたトラから荷物を頼まれた洋介は、中身が闇軍票と知って驚いた。洋介の家では彼の帰りを知って、幼馴染のツギなどが集って洋介の帰りを喜んで待っていた。だが兄克巳だけは何故か暗い表情だった。翌日から巡視艇“いそかぜ”に配属を命じられた洋介は、足立艇長とキャバレー“ヒスイ”に出かけ、克巳がうさんくさい玄洋丸の船員藤井たちと一緒にいるのを見て、不安を感じた。そのキャバレーこそ、密輸の連絡場所として保安部から睨まれていたからである。その夜、克巳はひろみに「弟さんは保安官よ。足を洗ったら……」といわれ、苦悶の表情をうかべた。数日後、洋介は幼馴染の海女ツギと実家に帰り、母と会った。そのころ、“ヒスイ”ではひろみに横恋慕している藤井と克巳が睨み合っていた。まもなく、“いそかぜ”は巡視中に怪しい海竜丸を発見、直ちに追跡したが、その船上に兄克巳の姿を見て洋介は愕然とした。海竜丸は0ラインに逃げ込んでしまった。翌朝、洋介はツギから藤井たちが密航者のあっせんをしていると聞き、密航者を装って乗りこむことを決心するとともに、ツギに保安部への連絡を頼んだ。しかし、洋介は藤井に捕えられた。克巳は自分の行為を悔い、藤井に弟を助けてくれと懇願するが、藤井はその代償としてひろみを要求するのだった。そのころ、ツギの報らせで、“いそかぜ”は全速力で現場に向っていた。海竜丸の甲板で洋介兄弟と藤井一味の死闘が続き、克巳の働きで藤井一味は自滅した。翌朝、自首を決意した克巳を見送るひろみと、洋介のたくましい姿が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。