日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暗黒街の静かな男
アンコクガイノシズカナオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年10月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

江崎実生と「兇悪の波止場」の中西隆三の共同シナリオを、「太陽は狂ってる」の舛田利雄が監督したアクションもの。撮影も同じ姫田真佐久。

スタッフ

企画
久保圭之介
脚本
江崎実生中西隆三
監督
舛田利雄
撮影
姫田真佐久
音楽
伊部晴美
美術
大鶴泰弘
照明
岩木保夫
録音
橋本文雄
スチル
荻野昇
編集
辻井正則

ストーリー

横浜に入港した外国航路の客船から、陽灼けした逞しい青年紳士が降りた。男はもとアマボクシングのウェルター級チャンピオン山下英治だ。タクシーで東京へ向う英治は乗用車がつけているのを知り、車をとめた。慌てた相手は花屋の軽トラックに衝突、喧嘩になったことから、英治は尾行者が高岡組の乾分だということを知った。それが縁で軽トラックに乗った英治は、途中銀座で喧嘩して気絶した運転手の勝を、勤め先のレストランを兼ねた梶原フラワー・ショップに連れて行ったが、店主をみて彼は愕然とした。かつて英治がタイトル・マッチを闘い、しかも彼の強打で失明した梶原英夫だったのだ。それにショックをうけた英治はシンガポールに渡って、ダム工事の現場監督として働いていたのだ。偶然の再会を喜ぶ梶原に英治は却って苦しかったが、許婚者美保や妹ゆかりに支えられて仕事しているのを見て安心もした。その夜美保のリサイタルに出かけた梶原はダンプカーに轢き殺された。途方にくれる美保とゆかりに、英治はマネージャーとして強引に住み込んだ。梶原の死を他殺だと信じた彼は、度重なる暴力団の営業妨害にも関連があると睨んでいた。小野塚興業のボス小野塚と幹部高木が英治に店を買いたいと言って来た時、彼が断ったので怒った小野塚は厭ガラセを始めた。英治は梶原を轢いた車が小野塚の乾分のものであることを知ったが、小野塚は車を東京湾に埋めて証拠を湮滅していた。突然怪漢に襲われた英治は、高岡組の根城レストラン“チコテ”に連れて行かれた。ボクサー時代高岡は英治の後援者で彼は莫大な金を借りていた。高岡にレストランから手をひけと命令された英治は、借金を叩き返して断ったので、烈火の如く憤った高岡は英治の右手にホークを突き刺して地下室に監禁した。英治が監禁されている間に、小野塚はレストランに散々いやがらせをした。しかし小野塚と同じくレストランを狙っている高岡は、小野塚の動きを牽制、ようやく二派の対立が明るみに出た。やっと地下室から逃れた英治はレストランを守るには、小野塚と高岡を倒す他ないと、二派の対立感情を利用して、小野塚に、高岡を消すなら今晩だと唆した。英治の計略は図に当った。その夜ゆかりが誘拐されたが、警察に知らすとゆかりが危いと判断した英治はかつて美保が、スターになったために高岡に肉体を供したという秘密を知り、彼女に協力を求めた。翌日美保とスター育ての親としてテレビに出演した高岡は、カメラの前で嘘もつけずゆかりがジムにいると白状した。英治はジムに駆けつけ、ゆかりを助け出したが、美保を連れてやって来た高岡は美保を楯に凶弾の雨を降らそうとした。その時殴りこみをかけた小野塚一味によって忽ち射撃戦になり、高岡も小野塚も倒れた。再び梶原レストランに平和な日が戻ってきた。そして英治はシンガポールに帰って行った……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。