日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

めぐり逢う日まで
メグリアウヒマデ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年12月07日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
 

ニッポン放送ほか二十三局ネットの大林清の連続ラジオドラマの映画化。「花扉」の田畠恒男が脚色・監督、脚色には白木慶二が参加している。撮影も「花扉」の布戸章。

スタッフ

製作
小倉武志
原作
大林清
脚色
田畠恒男白木慶二
監督
田畠恒男
撮影
布戸章
音楽
西山登
美術
森田郷平
照明
田村晃雄
録音
熊谷宏
スチル
佐藤不二於
編集
斎藤正夫

ストーリー

欧州視察に出発した極東観光の重役横山は、インドで事故に遇い死亡した。この突然の不幸は横山一家を悲惨のどん底へ突き落した。横山家の長女節子は、町工場を経営する園生勝彦の許に嫁いでいたが、父の死とともに園生家から横山家に融通されていた五十万円の返済を早速要求された。次女の冴子は、医者の成瀬一郎と肉体関係まであったが、成瀬が冴子の父の経済援助を目的に近づいていたため冴子は成瀬に捨てられる破目となった。母は神経痛を病み、末っ子の晃が大学受験に失敗してからは、愚連隊の仲間に入って家に寄りつかず、一家は写真家中村のスタジオで働く梨枝の細腕に頼らなければならなかった。横山の遺骨は、東南アジア巡回医療団員杉が持って来た。梨枝と杉は羽田で逢って以来、お互い魅かれるものを感じていた。杉はある盛り場で診療所を開いたが、晃が不良に刺されて彼の診療所の厄介になった。それ以来、晃は杉に傾倒、梨枝と杉は強く結ばれるようになった。節子は五十万円のことを妹の冴子に相談した。冴子は父の会社の社長である稲垣が、節子に関心を持っていることを知り、五十万円を出さすため節子と稲垣の二人を料亭で逢わせる手筈を整えた。一方、梨枝は五十万円のためファッション・モデルになった。彼女の第一回の仕事は大阪に決った。杉も偶然大阪に来ていた。杉の恩師であり育ての親である丹羽病院長の病状が思わしくないためである。実はこれには、丹羽が一人娘の康子と杉を結婚させ自分の病院を継いで貰おうという下心があった。二人は大阪で、忙しい日程を割いて楽しい語らいの時を持った。だが、それも束の間、杉には病院の内紛、梨枝には杉を渡すまいという康子の挑戦があった。梨枝はファッション・ショーの予定が急に変り淡路島へ出発………一目杉に逢おうとする梨枝は康子に追い返された。杉は病院乗取りを策する副院長の挑戦を受けて重症患者の手術中だった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。