日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女房学校
ニョウボウガッコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年09月13日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Refresher Course for Wives  
上映時間
97分  

斎藤良輔のオリジナル・シナリオを、「五人の突撃隊」のコンビ井上梅次が監督し、中川芳久が撮影した明朗篇。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
井上梅次原田光夫
脚本
斎藤良輔
監督
井上梅次
撮影
中川芳久
音楽
河辺公一
美術
仲美喜雄
照明
安田繁
録音
渡辺利一
スチル
薫森良民
編集
鈴木東陽

ストーリー

料亭“山むら”の女将山村松代、日洋物産の販売課長菊川の妻経子、テレビプロデューサー露木まりの三人は、深夜、各々夫と浮気中という怪電話がかかり、Pホテルの三〇七号室へ呼び出された。怪電話の主マダムXは姿を現わさず、室内のインターホーンを通して、三人に土曜日の晩、思い当ることがあるだろうといった。そして四時になったら……と声は途絶えた。--松代の夫浩介は青い金魚の研究に没頭するあまり、松代の激怒を買い家を追い出された。そして松代は店の客菊川と浮気をした。--経子は夫菊川が仕事第一で妻のことをかまわず、不満な毎日を送っていた。ゴウをにやした経子は初恋の人でまりの夫高野俊吉を呼び出し一晩飲みあかした。--まりと俊吉の結婚は契約結婚だった。まりは仕事のために契約違反をし俊吉を怒らせた。経子の父神林と、松代の父喜平はバーのマダム雪江をはりあっていた。家を出た浩介は百円ハウスに泊っていた。まりは担当番組に浩介を出演させようと探していた。経子は菊川と松代が同席するのをみて離婚を決意し、俊吉のアパートに押しかけた。まりはこれを目撃し、契約を解除して家を出て、浩介のところに行った。出演を拒否され、松代の名前で彼を警察に保護させた。松代は菊川と箱根にゴルフに出かけた。そして一夜をともにしようとした矢先、東京から浩介が交通事故にあったと電話がかかってきた。急いで帰った松代は、喜平の偽電話とわかって大ムクレ。かくして三つの家庭は危機に瀕した。そこで喜平と神林は雪江をマダムXに仕立て、一芝居打つことにした。--午前四時、三人の前に雪江が現われた。そして夫を粗末にし、わがままなことを言いすぎると女たちをコキおろした。自分たちの非を認めた松代、経子、まりは、それぞれの愛する夫のもとへ急いだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。