日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

拳銃横丁
ケンジュウヨコチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年08月06日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Gunmen's Alley  
上映時間
76分  

大河内常平の原作を、「機動捜査班 秘密会員章」のコンビ長谷川公之と宮田達男が脚色し、「風に逆らう流れ者」の山崎徳次郎が監督したアクション・ドラマ。撮影は「俺は死なないぜ」の岩佐一泉。

スタッフ

企画
柳川武夫
原作
大河内常平
脚色
長谷川公之宮田達男
監督
山崎徳次郎
撮影
岩佐一泉
音楽
三保敬太郎
美術
木村威夫
照明
三尾三郎
録音
福島信雅

ストーリー

深夜の東海道、上り特急列車内の寝台車で、殺し屋に狙われた牧は、サブという男に救われた。牧は、横浜の大須賀組が神戸の沖山組からかり出した“早射ちマック”と異名をとるガン・マンだ。大須賀組は、ヤクザの劉一味にことごとく押されぎみだった。勢力挽回を早射ちに託したのだ。神戸から横浜にやって来た牧を、大須賀親分は鄭重にもてなしたが、幹部の権堂は何か面白くない様子だった。その夜、牧はハマの拳銃横丁でサブと再会した。サブは、死んだ弟正夫の恋人桂子が経営するバー“桂”に牧を連れていった。サブは正夫の自殺を他殺とにらんで横浜へやってきたのだ。牧はそんなサブに協力を申出た。その夜、牧は麻薬取引の用心棒を命じられた。無事取引が終ろうとした時、劉一味が殴りこんできた。牧はその襲撃を鮮やかにかわして麻薬を持ち帰った。一方、サブは桂子の手引きで劉一味の用心棒に入りこんでいた。牧はある夜、暗黒街のもぐり医者岩見から正夫が他殺であると聞かされ、その証拠となる弾丸を十万円で買いとる約束をした。だが、翌朝岩見は死体となって発見された。そんな時に、神戸から麻薬取引きのため沖山がやってくることになった。それを聞いた牧はなぜか一瞬いやな顔をした。牧はサブに連絡するため、劉邸に忍びこんだ時、権藤が正夫殺しの犯人であり、劉一味に寝返っているのを知った。それを感づいた権藤は、牧が劉に内通していると先手をうって大須賀に知らせた。激怒した大須賀は牧を倉庫街におびき出した。牧に愛情を持つ大須賀の情婦カヨ子は牧の危険を知って警察に連絡した。大須賀組は全員逮捕された。その頃、サブは権堂を狙って失敗、桂子ともども危機におちいっていた。そこへ牧と警官隊が乱入してきた。牧は麻薬保安官だったのだ。“早射ちマック”を牢にぶちこんで、自分がマックとして横浜にやってきたのだった。--それから数日後、東海道を驀進する下り急行列車に晴れやかな牧とカヨ子の姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。