日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大人と子供のあいの子だい
オトナトコドモノアイノコダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年07月15日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
69分  

中学生・渡辺照男君の日記の映画化で、岩田重利と米山彊が脚色し、「警察日記 ブタ箱は満員」の若杉光夫が監督した。撮影も「警察日記 ブタ箱は満員」の井上莞。

スタッフ

企画
大塚和
原作
渡辺照男
脚色
岩田重利米山彊
監督
若杉光夫
撮影
井上莞
音楽
林光
美術
岡田戸夢
録音
丸山国衛
スチール
寺本正一
編集
青山一郎

ストーリー

平井明夫は下町の中学三年生だ。父親の国造は小さな工場の工員、母親のマサは内職、姉の加代はやはり工員をしている。国造は毎日酒ばかり飲み、競輪、競馬にうつつをぬかしていた。明夫の学校で、生徒会の役員選挙があった。明夫は友人から推されて立候補し、役員に選ばれた。親友の杉下京一が喜んで家へ誘った。その晩、京一の家で明夫は楽しくすごした。京一は明夫に坂口智佐子が好きなんだろうと言った。国造の働いている工場がつぶれた。加代も無理がたたって病気になり、療養所へ入った。が、明夫はいじけなかった。高校入試模擬テストは全国でも優秀な成績をとった。昼間働いて夜間の高校へ入るつもりで一生懸命勉強した。担任教師の田口先生と京一の父親の洋介が相談した結果、明夫を京一の家に預って勉強させようということになった。二人ははげましあって勉強し、見事合格した。姉の加代がいる療養所へ駈けつけた。しかし、加代は明夫に、自分のことばり考えて家のことを考えないエゴイストだと叫んだ。明夫は働くことにした。駅前で売店を手伝っている智佐子に会った彼は、臆することもなく、肩をあげて改札口を入っていった。その夜の日記には、「俺は未来に希望をもつ。どんなことがあって負けるもんか」と書いてあった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。