日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

いのちの朝
イノチノアサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年07月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Dawn of a Canvas  
上映時間
68分  

武者小路実篤の『暁』を、須藤勝人が脚色し、「大出世物語」の阿部豊が監督したホーム・ドラマ。撮影は「散弾銃の男」の峰重義。

スタッフ

企画
芦田正蔵林本博佳
原作
武者小路実篤
脚色
須藤勝人
監督
阿部豊
撮影
峰重義
音楽
斎藤高順
美術
横尾嘉良
照明
三尾三郎
録音
福島信雅
スチル
式田高一
編集
井上親弥

ストーリー

吉元冬子は義兄小田のはからいで保険会社に就職した。というのは父親で画家の小次郎のためだった。芸術至上主義の小次郎は、画材が野菜とか平凡な風物が多く、一向に絵は売れず家庭は苦しくなるばかりだった。冬子は父を尊敬していた。が、母親の純子や、姉の春子は小次郎が売れる絵を書いてくれればいいとグチをこぼした。小次郎の親友村野は彼に違ったものを描かぬかとすすめた。かつて小次郎の弟子で仲違いして独立した沢辺の羽振りがいいと聞いた小次郎は決心した。冬子は父に自分の肖像を書いてくれと頼んだ。小次郎は冬子をモデルに百号の大作にしようとした。が、なかなか思うように筆は運ばなかった。ある日、村野が沢辺と小次郎の和解話を持って来た。沢辺の絵が国際コンクールに入賞し、外国に行くことになった。それで冬子に求婚したいというのだ。小次郎は断わった。冬子は初めて父に反抗した。冬子は家を出て春子のところに行った。沢辺はそんな冬子をなぐさめた。沢辺は外国に出発した。お互いに諒解が出来た小次郎と冬子が見送った。自信を取戻した小次郎の冬子像は完成した。その素晴らしい出来栄えに、批評家は讃辞を惜しまなかった。冬子が待望する父の個展も開かれた。--小次郎は沢辺が帰国したら冬子との結婚を許すといった。二人が見上げる初夏の空はあくまでも澄みわたり二人の心がとどけとばかり一筋の白い雲が地平線のかなたまで尾をひいていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。