日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

羊のうた
ヒツジノウタ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
109分  

吸血の奇病を受け継ぐ家系に生まれた高校生の苦悩を描いた青春ホラー。監督は『新・湾岸ミッドナイトII S30Z VS ゴールドR』の花堂純次で、本作が初の劇場用作品となる。冬目景による同名コミックを基に、「X」の渡辺麻実と花堂監督が共同で脚色。撮影を「トカレフ」の藤井良久が担当している。主演は「しあわせ家族計画」の小栗旬と「世界の終わりという名の雑貨店」の加藤夏希、「惨劇館夢子」の美波。第14回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。スーパー16ミリからのブローアップ。

スタッフ

製作
成澤章田中正雄
企画
尾川匠荒木功
原作
冬目景(幻冬舎刊)
プロデューサー
内堀雄三
脚色
渡辺麻実
脚本
花堂純次
撮影
藤井良久
照明
林和義
美術
金勝浩一
音楽
貴三優大浜口史郎
録音
井家眞紀夫
編集
伊藤伸行
助監督
芝祐二
制作担当
大西洋志
プロデューサー補
松葉勢津子
ラインプロデューサー
鈴村高正
題字
赤松陽構造
監督
花堂純次
主題歌
「いつかは君の…」airi

ストーリー

幼い頃、母親の死をきっかけに叔父夫婦に預けられ何不自由なく育てられた高校生の一砂は、最近、妙な夢に悩まされていた。ある日、その夢に導かれるように生家を訪れ、そこで姉・千砂に再会した彼は、彼女に父の訃報と母方の一族に伝わる吸血の奇病について聞かされる。あまりのことに驚きを隠せない一砂だが、果たして日に日に募る血の渇望を抑えきれなくなった彼は、遂に秘かな想いを寄せるクラスメイトの八重樫を傷つけてはと、彼女の前から姿を消すことを決意。叔父夫婦の家を出て、姉とふたりきりの生活を始めるのだった。そんな生活の中で、奇病を呪いながらも愛に生きた両親、そして父親に支えられながら生きてきた姉の気持ちを理解していく一砂。夏の終わり、千砂が奇病のたったひとりの理解者で、亡父に師事していた水無瀬と共に家を出た。残された一砂は、ひとりでも生き続けることを心に誓う。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。