日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

命みじかし恋せよ乙女(1961)
イノチミジカシコイセヨオトメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年09月06日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
72分  

「北上夜曲 北上川の初恋」の相良準の脚本を、「悲しき60才」の寺島久が監督した青春編。「薔薇と竜」の宗川信夫が撮影した。

スタッフ

企画
原田光夫
脚本
相良準
監督
寺島久
撮影
宗川信夫
音楽
田代久勝
美術
千田隆
照明
山口信経
録音
飛田喜美雄
スチル
板垣公章

ストーリー

野々村光一は医学生で、ある大学病院の実習生。父のふしだらを憎んで家出、貸ボート屋でアルバイトをしている。そこで光一は、どこかひなびた少女、米元佐知子がヨタ者風の男にからまれているのを救ってやった。翌朝、その佐知子が自殺を図り、偶然光一の実習する病院に運びこまれてきた。彼女は母に死なれ、札幌から許嫁の真吉を頼って上京してきた。しかし真吉は夏江という女と同棲していて、佐知子に、いかがわしいバーに勤めろというのだった。思い余った佐知子は睡眠薬をのんだのだ。そんな佐知子に光一は心を惹かれた。光一は親友の雨宮茂に頼んで、ロカビリー喫茶店の会計に雇ってもらった。雨宮はその喫茶店の歌手で、特に女性には大変な人気だった。雨宮も清純な佐知子にだんだん惹かれていった。光一と雨宮は、佐知子を慰めるため夏休みに一泊旅行を計画した。雨宮は名古屋のステージからくることになっていた。いよいよ夏休みが来た。箱根で待つ光一と佐知子の許に雨宮は約束の時間がきても現われなかった。その夜、二人は将来を誓いあった。東京へ帰って来た二人は驚いた。雨宮はひどい喀血で倒れていたのだ。光一は恩師に頼んで雨宮の体を診察してもらった。結果は、手術するしか方法がないことが分った。しかし、雨宮は手術を厭がった。病床の雨宮は佐知子に対する愛情を光一に打ち明けた。これを知った光一は、親友の命を救う道は佐知子しかないことを知った。光一は佐知子にわけを話した。そして彼女の言い分も聞かず一方的に別れることを言い張った。雨宮の手術は成功し経過もよかった。そんなところへ、真吉が二十万円の手切金を要求して来た。光一は家に帰ることを条件に父から金をもらってきた。雨宮の危険状態が去ったし、自分がいるため起る面倒をさけるため佐知子は、真吉の言う通り彼と一緒になる決心をした。彼女は金を雨宮に預けて去った。しかし、真吉はその金を雨宮のところに取りに来た。胸をけられた雨宮は再び血を吐いて倒れた。驚いてかけつけた光一に、彼女を幸せにしてやってくれと言って雨宮は死んでいった。光一は涙を流しながら佐知子を追って駅へいそぐのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。