日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

火線地帯
カセンチタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年05月24日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

石井輝男・武部弘道の脚本を、新人第一回の武部弘道が監督したアクション・ドラマ。武部監督は慶大経済学部卒業、二十四年新東宝に入り、五所平之助らに師事した。撮影は「私は嘘は申しません」の須藤登。

スタッフ

企画
佐川滉
脚本
石井輝男武部弘道
監督
武部弘道
撮影
須藤登
音楽
真鍋理一郎
美術
小汲明
照明
関川次郎
録音
根岸寿夫
スチル
吉田基芳

ストーリー

K市では歓楽街の縄張りを争って重宗商事と梶川組が事毎に対立しあっていた。伸一と健次は重宗商事のシマである競輪場で、パクリ屋をやって荒稼ぎをやっていたが、重宗組の子分に取囲まれた時正体不明の黒眼鏡の男に救われた。健次の妹幸子は、健次の面倒をみてくれる伸一の男らしさに心をひかれていた。伸一の腕に惚れている重宗親分は、幹部の小山と中本に、今夜の仕事で伸一を使うように命じた。伸一におぼしめしのある重宗の情婦ゆみはそれを聞いて喜んだ。伸一と健二は小山にあるビルの前に連れ出された。ビルの一室では拳銃の売買が行われていた。売り手は黒眼鏡の男黒岩だった。拳銃は高値をつけた梶川組に落ちた。小山は二人を連れて梶川組の車を追った。途中で奪おうというのだ。どうしたことか梶川組の車は××橋の橋桁に激突し、伸一達は何んとなくコルトを奪った。奪った拳銃を前にした重宗組へ警察に密告するという怪電話がかかった。小山に反感を感つ中本は、伸一が裏切ったのだといいはった。だが、脅喝して金をまきあげたのは黒岩だった。重宗組の汚いやり方に、伸一は黒岩と手を組んだ。その頃健次は伸一の隠れ家を白状しろと中本にリンチをうけていた。中本は、伸一と黒岩に重宗殺害を条件に健一を自由にするという話を持って来た。伸一からこれを聞いたゆみは重宗に知らせた。そして梶川組にもコルトを奪ったのは重宗組の仕業と知らせていた。それを知らない中本は、重宗を倉庫に呼び出すが逆に射殺されてしまった。そして伸一と黒岩は重宗組に包囲された。その時、梶川組が殴り込みをかけて来た。伸一の身をかばってゆみは死んだ。翌朝、黒岩は香港に、伸一は幸子のもとに帰ってゆくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。