日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

闇に流れる口笛
ヤミニナガレルクチブエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年05月28日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Whistling in the Darkness  
上映時間
80分  

山崎巌・安東穂夫の脚本を「紅の拳銃」の牛原陽一が監督した和田浩治のアクションもの。撮影は「大暴れマドロス野郎」の伊佐山三郎が担当。

スタッフ

企画
高木雅行
原案
南田是也
脚本
山崎巌安東穂夫
監督
牛原陽一
撮影
伊佐山三郎
音楽
小杉太一郎
美術
大鶴泰弘
照明
吉田協佐
録音
八木多木之助
スチル
斎藤耕一
編集
辻井正則

ストーリー

港町のナイトクラブ“ジョーカー”で坂巻洋次は花売り少年弘を店の用心棒鉄と源の乱暴から救った。弘は行方不明の姉を探していた。翌日、クレー射撃場で、洋次は柿崎咲子が伴という男にからまれているのを救ってやった。咲子は“ジョーカー”の経営者の一人娘で、伴は柿崎の下で働いていた。咲子の働いている土産物店の店主天野は、聞えてきた口笛におびえた。その夜、天野のところへ「横溝船長の復讐する、口笛の男より」という脅迫状がきた。天野から話を聞いた柿崎は、まかせておけといった。洋次は柿崎に傭われた。口笛の男、川村を洋次が消して、柿崎の信用は増した。咲子は父の悪事を感づき、洋次に相談した。彼は心配するなとなぐさめた。天野が店のユミと心中した。柿崎の偽装殺人だ。洋次は弘の面倒をみてやることにした。ある夜、伴は洋次が殺したはずの川村と立話しているのを目撃した。柿崎は伴の話を信用しなかった。が、柿崎は洋次が空砲を射ったことを知り、洋次を殺そうとしたが、伴の邪魔で失敗した。洋次は伴を捕えて、横溝殺しの犯人が柿崎だと白状させた。柿崎は殺し屋大沼も呼んで、洋次と伴を消させた。二人は海中に倒れた。安心した柿崎はヤクの取引を始めた。数日後柿崎の前に洋次が現われた。洋次は横溝の息子で、口笛の男だった。事件を内偵中の刑事川村に柿崎は逮捕された。翌朝、咲子に置手紙を残して、洋次はあてどない旅に出た。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。