日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ネオンの海の暴れん坊
ネオンノウミノアバレンボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年05月11日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
50分  

「銀座野郎」の第二部で、スタッフは前作と全く同じ。

スタッフ

ストーリー

流しのコンビ、哲と六がねぐらへ帰ろうとして街角へ来たとき不意に一人の男から手帳を渡された。そして男は急停車した自動車から降りた二、三人の男に殺された。男は手帳を青山の溝口正三郎に渡してくれと哲に頼み息を引き取った。翌朝の新聞には、殺された男は建設会社経理課長の田宮で白雲川ダム工事汚職事件のカギをにぎる人物で指名手配中の男と出ていた。例の手帳は汚職に関する重要事項が書かれてあるらしい。哲に手帳を渡せという怪電話がかかってき、街に出ると径自動車にひき殺されそうになる。哲は溝ロの家を突き止めた。それは検事だったが当の溝口は不在、お嬢さんの美智子に渡した。手帳が検事宅に渡ったと知った手帳を狙う一味は俄然色めき立った。ナイトクラブ“黒馬車”の支配人大神は建設会社に頼まれ、自首したがっていた田宮を殺して手帳を奪い、報酬として一千万円もらうつもりだったのだ。大神は溝口検事の息子圭一を誘拐した。そして殺し屋の源に哲をも殺すよう命じた。そのころ、東京タワーでは美智子と大神が、手帳と圭一を交換しようと取引きしていた。それを知った哲は東京タワーに駆けつけ、停っていた大神の車のトランクに隠れた。大神は手帳を奪い、美智子も自動車にのせ“黒馬車”の一室に監禁してしまった。哲はトランクから抜け出して中へ忍び込むが源に見つかり床に倒される。一方、六はチー子、カー子、トン子が大神を怪しいとにらんで報せてきたので“黒馬車”に忍び込み、哲、美智子、圭一を救い出した。が、気がついた大神一味は哲たちを襲った。警官隊がかけつけた。居合せた建設会社の社長、汚職の張本人中蔵は捕えられ、汚職事件は溝口検事の手で解決した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。