日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京湾の突風野郎
トウキョウワンノハリケーンヤロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年04月26日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「俺は都会の山男」のコンビ福田良二・七条門の脚本を、「激闘の地平線」の小森白が監督した、ハリケーン・シリーズの第一作。「続性と人間」の岡戸嘉外が撮影した。

スタッフ

企画
津田勝二
原案
伍堂徹二
脚本
福田良二七条門
監督
小森白
撮影
岡戸嘉外
音楽
古賀政男
美術
小汲明
照明
折茂重男
録音
沢田一郎
スチル
式田俊一

ストーリー

東京湾を背景にした久富材木店は、不慮の死をとげた父親のあとをついで娘の秋子が切りまわしている。ところが商売仇の極東商事の池上社長らが、父親名儀の借用証をかたに、秋子を困らせていた。そこへ来合せたのはラワン材を運んでいる鉄平と三吉。あまりのことに鉄平は池上たちをやっつけてしまった。池上は久富材木店の番頭大垣と組んで、密輪をやっていたのだが、事毎に邪魔になる秋子の父親を殺し、架空の借用証をでっち上げたのだった。借金の返済に窮した秋子は父親の友人料亭銀月の大久保に用立ててもらい、不足をラワン材を売ろうとしたが、ラワンを運ぶ鉄兵と三吉が、池上らのためにそれを奪われてしまった。遂に久富材木店は強制執行され、秋子は芸者になった。鉄平と三吉は仕方なく極東商事のため働いていた。或る日、鉄平は自分たちをおそったモーター・ボートの一団に、行方不明だった姉静枝に似た謎の女を見つける。また鉄平はその折にラワン材の中の密輸品を発見し、池上たちにねらわれる。鉄平は次々と起る事件と、謎の女性をつきとめるべくさぐって歩いた。謎の女は大久保の料亭銀月にしばしば姿を見せた。遂に彼は謎の女性が姉であり、しかも大久保の情婦であり、大久保こそ、料亭の主人をよそおった、シンガポールとの間で密輸品を取引している密輸団のボスであるという意外な事実をつきとめた。姉の身にも危機が迫った。ここに鉄平は敢然と立ち上り悪漢たちをやっつけたのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。