日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大海原を行く渡り鳥
オオウナバラヲユクワタリドリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年04月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

小林旭の渡り鳥シリーズの第七作で、三原貞修の原作を、「風に逆らう流れ者」の山崎巌が脚色し「でかんしょ風来坊」の斎藤武市が監督した。撮影も「でかんしょ風来坊」の高村倉太郎。

スタッフ

企画
児井英生
原作
三原貞修
脚色
山崎巌
監督
斎藤武市
撮影
高村倉太郎
音楽
小杉太一郎
美術
坂口武玄
照明
大西美津男
録音
米津次男
編集
近藤光雄

ストーリー

雲仙高原を馬に揺られながら行くのは、ギターを抱えた渡り鳥の滝伸次だ。伸次の眼下を行く観光馬車が覆面をした三人組に襲われた。伸次は得意のムチで三人を追いはらった。馬車の乗客は、大洋貿易の社長磯部と雲仙観光の経営者信夫の妹・由紀、それに長崎にいる父親を訪ねてきた三木みどりという少女だった。由紀の持っていた観光事業資金一千万円が強奪されていた。みどりの父親三木が、佐世保のキャバレー“バタフライ”のボスであることを知った伸次は、みどりを連れ佐世保に行った。が、三木は知らぬとみどりをつっぱねた。伸次は地下の賭場におりた。外国人・竜のカードはイカサマだった。伸次は側で見ている三木の乾分・哲をしめあげた。馬車強盗の一人だったのだ。哲は平和運輸から頼まれたと口をすべらした。伸次は長崎の平和運輸に乗りこみ、金は無事に由紀に戻った。伸次が帰った後、三木のところに磯部が現われた。磯部は「哲を殺せ、馬車強盗の証拠をなくすんだ」と命令した。さらに三木の後姿を見ながら竜に命令した。「三木を殺せ」と。が、竜はあんな三ン下を殺したら名前にかかわるとはねつけた。その夜、伸次の許へ外国人なまりの電話があり、第三岸壁に行けば面白いものが見られると言った。駈けつけた時は三木も哲も殺されていた。磯部は、雲仙観光の事務員に、竜が惚れている踊子リエを応募させた。信夫はリエの美しさにひかれた。伸次は磯部の手が雲仙観光にのびると察し、鉱石運送員として由紀の許で働くことにした。リエが運搬の路を知らせ、磯部一味が邪魔をするという計画が何度も続いた。ゲルマニューム鉱を満載した馬車が雲仙高原を行く。磯部一味の馬が取り囲んだ。大乱闘。逃げる磯部を、伸次は“バタフライ”まで追った。磯部は由紀に拳銃をつきつけた。竜のツブテが磯部を倒した。長崎の祭、三木とみどり、由紀は楽しそうに踊っている。貨物船の甲板で、伸次の後に立った竜が言うのだった。「おたがいに渡り鳥だせ」--。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。