日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

風に逆らう流れ者
カゼニサカラウナガレモノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年04月09日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Rambling in the Wind  
上映時間
81分  

小林旭の“流れ者”シリーズ第五篇。「早射ち野郎」の山崎巌の脚本により「大暴れマドロス野郎」の山崎徳次郎が監督、「処刑前夜」の横山実が撮影した。

スタッフ

企画
児井英生
原作
高橋道治
脚色
山崎巌
監督
山崎徳次郎
撮影
横山実
音楽
大森盛太郎
美術
木村威夫
照明
河野愛三
録音
高橋三郎
スチル
坂東正男
編集
鈴木晄

ストーリー

ギターを抱えた流れ者野村浩次は、赤鬼祭りで賑わう豊橋市へやってきた。塩沢火薬に勤める親友の瀬沼に会いにきたのだ。ところが瀬沼は昨夜工事場を爆破して失踪したというのだ。その夜、浩次はキャバレー“ブルースカイ”に流しに入った。突然、フロアに酔いつぶれた中年の男がやくざに投げ出された。その男は、近くの島にある造船所を経営する瀬沼の父だった。旅館で、「あの事件以来毎日毎日酒びたりで……」と語る娘の杏子と信夫は、やくざの松本たちのいやがらせから昼間浩次に助けられた二人だった。翌朝、瀬沼の溺死体が上った。そのころ、塩沢火薬の社長は踊子ユミを連れた外国人の隆栄昌と密談していた。隆は瀬沼が作った火薬とまぜれば三倍の効果があると耳うちした。塩沢は最初から造船所を乗取る目的で瀬沼に金を貸し、担保に島までとりあげようとしているのだ。浩次はまた“ブルースカイ”に現われた。流れ者拝島のイカサマから、塩沢はどちらか一人を用心棒にすると言った。浩次は拝島のそでを射抜いてイカサマ・カードを取り出した。浩次は塩沢の用心棒になった。塩沢は杏子を欲しいと言いだした。塩沢は瀬沼から奪った島を火薬の密造所にしようとしていた。取引きの時間と場所を書いた紙を杏子に渡し、帰らなかったら警察に届けるように言って浩次はくれない丸に乗った。船上で清次は拝島と対決した。松本らもハジキを構えた。拝島が「署のものだ」と叫んだ。浩次は松本に躍りかかった。すでに隆が爆薬をしかけていた。くれない丸は爆発した。塩沢は火薬庫に火をつけて逃げ出そうとしていた。塩沢と浩次の死闘。塩沢の背中に弾丸が炸裂した。息子の仇をとったと叫ぶ瀬沼の父だった。その夜、杏子の許に手紙のついたギターが届けられた。“もう何も心配がなくなったので、お別れを告げずに行きます。お幸せに”--。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。