日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

生きていた野良犬
イキテイタノライヌ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月26日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Hot-Bed of Crime  
上映時間
76分  

藤原審爾の「くたばれ」を「闘牛に賭ける男」の舛田利雄が脚色・監督したアクション・ドラマ。「紅の拳銃」の姫田真佐久が撮影した。

スタッフ

企画
水の江滝子
原作
藤原審爾
脚色
舛田利雄
監督
舛田利雄
撮影
姫田真佐久
音楽
伊部晴美
美術
大鶴泰弘
照明
岩木保夫
録音
沼倉範夫
スチール
井本俊康
編集
辻井正則

ストーリー

武部次郎が刑務所から出てきた。五年前、やくざ同士の争いから殺人事件がおこり、次郎は兄太郎の身代りで逮捕された。次郎が入獄中に、太郎は何者かに殺され、平井一家は太郎の弟分大村、坂崎らに支えられていた。むなしく過ごした五年間の青春、兄の仇を討つ次郎の執念は火と燃えた。大村の子分が次郎を尾行した。ある新興都市--次郎はチンピラの春夫を喧嘩から救ってやった。それが縁で五年前の仲間で、今は食物屋をやっている浜やんと妹の民子に再会した。春夫と民子は恋人同士だった。太郎の死因がわかった。何者かが彼の乗用車に爆薬を仕掛けたのだ。次郎は坂崎の経営するバーにのりこんだ。坂崎はうろたえた。一味の高村が犯人は坂崎と大村だと白状した。が、生証人の高村は謎の自殺をしてしまった。次郎は大村の邸に行った。大村は殺されていた。坂崎の罠だ。次郎が犯人にさせられた。逃げる次郎をストリッパーの民子がかくまった。坂崎は一家の組長になった。大村や太郎を殺したのは彼だった。拳闘試合を見にきた坂崎を、浜やんに呼び出させ次郎が捕まえた。坂崎は組長を殺したのは太郎だといった。坂崎の拳銃が火を吐いた。浜やんが倒れた。坂崎も傷ついた。そこへ警官隊が駈けつけた。坂崎一味は逮捕され、次郎の指名手配はとかれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。