日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

歩く、人
アルクヒト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2002年09月07日 
製作会社
モンキータウンプロダクション 
配給会社
オフィスサンマルサン=モンキータウンプロダクション 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

「KOROSHI」の小林政広監督が、孤独で愛に不器用な父子の物語を叙情性豊かに描く。2001年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品された。

スタッフ

プロデュース
小林政広
脚本
小林政広
監督
小林政広
撮影
北信康
照明
木村匡博
録音
瀬谷満
編集
金子尚樹
音楽
サン・サーンス「動物たちの謝肉祭」より
アレンジ
?原龍也佐久間順平

ストーリー

北海道の小さな寒村。造り酒屋を営む66歳の本間信雄(緒形拳)は、2年前に恋女房をガンで亡くしている。次男は家業を継いで信雄と共に暮らし、長男は12年前に家を飛び出して、もうすぐ30歳になろうとするのに芽の出ない音楽活動を続けている。孤独な信雄の日々の唯一の楽しみは、毎日片道8キロ、鮭の孵化場に通ってほのかに恋心を寄せる職員の美和子と会い、鮭の稚魚の成長を見守ることだった。2日後に迫った亡き妻の3回忌。久しぶりに家族3人が集うこの日、信雄はもう一度、息子たちと歩み寄りたいと願っていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。