日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不良少年(1961)
フリョウショウネン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月29日 
製作会社
岩波映画製作所 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Bad Boys  
上映時間
89分  

手記「とべない翼」にもとづき、非行少年のシャバでの生活と少年院での姿を、羽仁進が脚本・監督した記録映画的手法による劇映画。撮影したのは金宇満司。

スタッフ

製作
吉野馨治
脚本
羽仁進
監督
羽仁進
撮影
金宇満司
音楽
武満徹
録音
安田哲男

ストーリー

銀座を走る一台の護送車。東京地検の一室。浅井の二週間にわたる東京少年鑑別所(通称:ネリカン)生活が始まった。思いはシャバに帰る。浅草は生きやすかった。安い飯や遊び、からかう女にもこと欠かない。浅井は親分や兄貴分の下につけない性分だった。彼がここに来たのは、不良仲間と三人で真珠店を襲い、二十万円の真珠のネックレスを奪ったからだ。強盗を働いたのは、上品なウインドーとお高い店員が虫がすかなかったからだ。その後浅井は、海に近い岬の一角にある明治少年院に収容された。彼はクリーニング科に編入されたが、ここにはやくざ的組織ができており、空手をやる班長江上と下に中幹部がいる。兄貴分にへつらえない浅井はことごとに目をつけられ、ついにみせしめのリンチにあう。復讐を誓った浅井は、班長等が反則のパンを自分たちだけで噛っているのを種に、喧嘩を売って出た。クリーニング科の喧嘩騒ぎは問題視され、教官会議で浅井は木工科に編入となった。そこはクリーニング科とは違い、班長の藤川、副リーダー格の木下はともに不良の苦労が身にしみて温かささえあった。そうこうするうちに、シャバ時代に恐喝行為を繰り返していた時の仲間の出張が少年院にやってきた。あの頃は毎日善良なサラリーマンやアルバイト学生を襲っていた。出張は被害者の様子を詳しく回想する。後味の悪さのためだろう。被害者たちの許しを請う声は浅井の耳にこびりついた。やがて退院の日がきた。一年働いた金三百二十円を受取って、浅井は門を出るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。