日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

銀座っ子物語
ギンザッコモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年01月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Ginza Three Boys  
上映時間
94分  

笠原良三・井上海次の共同脚本を、「第六の容疑者」の井上海次が監督した、スポーツマン三兄弟を中心に描く明朗編。撮影は「鎮花祭」の中川芳久。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
原田光夫
脚本
笠原良三井上梅次
監督
井上梅次
撮影
中川芳久
音楽
大森盛太郎
美術
仲美喜雄
照明
渡辺長治
録音
西井憲一
スチル
薫森良民

ストーリー

長男の一郎は元レスリングの選手権保持者で今はスポーツ連盟事務所の主事、次男の雄二はアメリカンフットボールの選手で紡績会社のサービスステーションに勤務、三男の修三は学生ボクシングライト級のチャンピオン。だが父親清吉は、誰一人家業の呉服屋をつぎそうもないのに不満だった。もっとも近所の評判は大変で、娘たちは三人のうち誰でもいいから結婚したいとモーションをかける。家に同居している親戚の娘セツ子や喫茶店の娘桃子も同様なのだが、三人は相手にしない。三人が三人とも絶世の美人に会って一目惚れしてしまったのだ。その問題の女性は千加美である。雄二は彼女を試合に招待したがミスを重ね、まず失格の線が濃くなった。修三もボクシングの試合に招いたが、彼女に気をとられているうちにパンチをくいKOされてしまった。一郎もご同様である。母校でコーチをしている所へ千加美を誘いこれも失敗。父の清吉の遊びぐせが治らないのに意を決した母のきくが家出をした。その原因が千加美が注文した着物をバーのマダムにやってしまったからだと聞いた三人は、父を土蔵に監禁した。だが敵もさるもの、こっそり裏窓から逃げ出してまたバー通い。ある時、清吉がヨタ者に因縁をつけられた。急を聞いて駈けつけた三人。大乱闘の末、三人はブタ箱入り。千加美が彼らをひき取りにやって来た。彼女の一郎への態度から雄二と修三は千加美を一郎にゆずることにした。雄二はセツ子、修三は桃子の許へ駈けつけるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。