日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続性と人間
ゾクセイトニンゲン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1961年01月03日 
製作会社
純潔映画研究会 
配給会社
新東宝 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
86分  

樹沢勇の脚本を実写部分を木元健太が劇の部分を小林悟が監督した性教育映画。撮影は「暴力五人娘」の岡戸嘉外。

スタッフ

製作
池田一夫
脚本
樹沢勇
監督
木元健太小林悟
撮影
岡戸嘉外
音楽
井内久
美術
山崎一雄
照明
市川幸雄
録音
アオイスタジオ

ストーリー

本間雪子は、法曹界の権威である父からその門下生で前途を大いに嘱望されている須崎との結婚を勧められていた。彼は非の打ちどころのない青年だったが、それが雪子にとってはかえって物足りなかった。ある日、アイススケート場で雪子は邦彦という学生と知り合いになった。気の合った二人は、その夜転々と遊び歩いた。父の忠告がきびしくなり、遂に雪子は家出してしまった。やがて邦彦と肉体関係を結び、妊娠した。邦彦は何のためらいもなく堕胎することを要求した。愛する者に裏切られ、親からは畜生同然に罵られ、人生に絶望した雪子は投身自殺を図った。が、救助され、小宮博士の処置で危急の場は脱した。雪子が四カ月の体であるのを知ると、母親は中絶を希望したが、法的にいっても医学的にいっても難しいという博士の具体例をあげての説明に断念した。雪子は車の中で出血、軽度の妊娠中毒症に加えて前置胎盤という異常妊娠をしていた。帝王切開手術が行なわれた。無事出産、雪子も一命をとりとめた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました