日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女は夜化粧する
オンナハヨルケショウスル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年01月14日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Nocturne of a Woman  
上映時間
101分  

川口松太郎の原作を、「ああ女難」の斎藤良輔が脚色し、「銀座っ子物語」の井上梅次が監督したメロドラマ。撮影も同じく「銀座っ子物語」の中川芳久。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
原田光夫
原作
川口松太郎
脚色
斎藤良輔
監督
井上梅次
撮影
中川芳久
音楽
鏑木創
美術
下河原友雄
照明
渡辺長治
録音
西井憲一
スチル
椎名勇

ストーリー

小峰登子は、株屋の父の死後多くの借金と弟の学資のため、新劇女優を止めて赤坂でギター芸者になり、成功した。芸者仲間からは白い眼で見られたが、その頭の良さと度胸を建設会社の社長橋田に買われた。赤坂に作ったナイトクラブのマダムを探していた橋田が、登子に白羽の矢を立てたのだ。橋田に抱かれながら、登子は作曲家阿久津健を思い出していた。女優をやめようと決心した晩、ふと知り合い、健が仕事場にしていた幼稚園で彼のピアノを聞いたのだ。健はその後渡仏していた。クラブ「ゴールデン・ダイス」は、登子の和服姿と唄が売りもので繁昌した。パリの音楽コンクール入賞を土産に、彼が帰国し、登子を訪ねた。その夜、二人は思い出の幼稚園を訪ね、抱擁した。登子の弟の正男が山で遭難したという知らせが入った。夜行列車に乗りこんだ登子は健を見出した。地方公演を捨てて駈けつけたのだ。正男は奇蹟的に助かった。二人を決定的に結びつけたこの事件は、健の音楽的生命に危機をもたらした。ライバル中井の新曲が大好評を博したのだ。皆が、健の才能を殺す登子との恋愛に反対だった。登子は悩み、健と別れる決心をした。幼稚園に健を呼び出した。「私と音楽をはかりにかけて、どちらを全部捨ててくれる」健はピアノに向った。彼の脳裏にダイナミックな交響楽がひびき渡った。健は去った。橋田は登子を「ゴールデン・ダイス」に運んだ。「君の生きる所はここしかないさ」登子は化粧をしなおし、ホールの喧騒の中に進み出ていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。