日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋にいのちを
コイニイノチヲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年01月27日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

川内康範の週刊誌連載小説を、原作者と下村菊雄が共同で脚色し、「偽大学生」の増村保造が監督したメロドラマ。撮影は「顔(1960)」の小原譲治。

スタッフ

製作
中泉雄光
企画
川崎治雄
原作
川内康範
脚色
川内康範下村菊雄
監督
増村保造
撮影
小原譲治
音楽
西山登
美術
渡辺竹三郎
照明
久保田行一
録音
渡辺竹一
スチル
板垣公章

ストーリー

加納清司は、父義次の友人、花田の経営する自由政治社の記者となった。一人娘いずみとの結婚話が持ち上った。だが、清司の心は重かった。雑誌の編集方針が極端に右へ傾いていることへの疑惑だった。いずみを愛することもできなかった。さらに、父の義次が行方不明になっていることもあった。たまたま、料亭猿若苑の一人娘美琴と知り合い、彼女に惹かれた。ある夜、竹林志津子と名のる女が清司の許を訪れた。「お父さまは私のところにいます。明晩終列車で甲府へ……」と言った。列車の中でようやく義次を見つけた時、義次の背後にいた男が拳銃で彼を倒した。この男は麻薬中毒者の泰助といい、意外にも美琴の父親だった。志津子がまた訪れ、義次は花田たちと麻薬の取引をしており、足を洗おうとして殺されたのだといった。清司はいずみと結婚し、花田の内情をさぐることに意を決した。美琴も納得し芸者になった。そして、自らも花田のところにとびこんだ。雑誌の売行きは悪く、経営困難になっていた。副社長になった清司は、花田に対策を迫った。花田のいう金策とは、中国人の李玉堂と麻薬の取引きを仲介する仕事だった。李は取引の条件として、美琴をもらい受けた。取引きは猿若苑で行なわれた--。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。