日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愛する(1961)
アイスル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年01月22日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

新人、上村力が自らの脚本を初めて監督した抒情編。上村監督は昭和四年生れ、東大法学部卒業後二十八年松竹に入り、木下恵介監督に師事した。撮影は「悪人志願」の舎川芳次。

スタッフ

製作
長島豊次郎
脚本
上村力
監督
上村力
撮影
舎川芳次
音楽
池田正義
美術
熊谷正雄
照明
石渡健蔵
録音
小尾幸魚
編集
北見精一
スチル
篠崎友克

ストーリー

仁史はある大工場の研究室に勤務する科学者である。彼をひそかに愛している同僚の圭子さえ、いつも公式通りに動いている電子計算機のような人というくらいの変人だった。そうした仁史の性格は、彼の出生に根ざしていた。彼は生れ落ちると同時に母を失い、乳母のはるに彼女の子供哲男とともに育てられたのだが、母の死が封建制の犠牲になったものであることを知ったのだ。祖父が父の意志を無視して、家の後継ぎのためには命をも捨てるのが女の道だと、仁史の生とひきかえに母の命を見放したのである。仁史は自分自身の存在に矛盾を感じて悩みつづけた。ある日曜日、仁史は助手の藤野に誘われ、彼が愛している洋子と彼女のグループ明美らと箱根にドライブに出かけた。散歩の途中、突然濃霧に襲われた。仁史と明美の二人がとり残された。仁史のたわむれの接吻が明美には忘れえぬものとなった。仁史の心血を注いでいた研究に中止命令が出た。フンマンやるかたない彼は、明美をバーに誘った。仁史は生い立ちを明美に打ちあけた。彼女も、父が戦死した後貧しいために母と離ればなれに暮さねばならなくなったことを告げた。弧独な二人は、その夜結ばれた。仁史が明美にプレゼントするというと、明美はハート型のペンダントを求め、その半分を仁史に渡した。ある日、仁史はトラックの前に走り出た幼児を救った。圭子は彼にも暖かい心がよみがえったのを知り、喜んだ。明美は同僚の弓子に妊娠を見破られ、堕胎の処置料を半分出させるのが現代のエチケットなどといわれた。ある時、仁史のアパートを訪ねると、部屋では圭子がなれなれしくふるまっていた。明美は弓子に電話をかけ、堕胎の決心を伝えた。だが、明美は耐えきれず、あてどもなくさまよい歩く。仁史と出会った。彼は結婚しようと言った。半分ずつのハートのペンダントは今はじめて一つになった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。