日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺はトップ屋だ 顔のない美女
オレハトップヤダカオノナイビジョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年02月08日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
52分  

「トップ屋取材帖 消えた弾痕」の山口純一部の脚本を「野郎! 地獄へ行け」の井田探が監督したトップ屋が主人公のアクション・ドラマ。撮影は「拳銃無頼帖 明日なき男」の藤岡粂信。

スタッフ

企画
浅田健三
脚本
山口純一郎
監督
井田探
撮影
藤岡粂信
音楽
山本直純
美術
千葉一彦
照明
高島正博
録音
高橋三郎
編集
丹治睦夫

ストーリー

大都会の夜、ビルの谷間で起った突風のような殺人。密輸前科のある男を殺してうばったものは金色の仏像だった。飛び出したトップ屋は黒木三郎。羽田に走った黒木は第二の殺人事件にまき込まれた。その夜、黒木はクラブ「ルナ」で不思議なメダルをポケットに見つけた。ダンサーの多絵が、しきりに、それをほしがった。黒木がそれを断わって外へ出ると、彼をつけねらう数人の黒い影。影は彼からなにかを奪おうとするのだ。その時、闇から飛び出した長身の影。昼間羽田で、黒木が注目していた人物だ。彼を襲った影が消えるとともに、謎の男も消えていた。多絵からメダルを執ようにねだられた黒木は、逆に多絵のロケットの中の男の写真をカメラにおさめた。宝石密輸の大物岡崎だった。再び羽田に走った黒木は、メダルをポケットに入れたと思われるスチュワーデスの久美子をさがしたが、彼女は既に行方不明。だが、意外にも事務所に久美子のことづけがあった。多美子に会った黒木は、彼女からもメダルを返すようにたのまれたが、またしても長身の影にじゃまされ、アパートにたずねると、多美子は顔のない死体であった。メダルを狙う人間は多い。だが手がかりは次々に消されていく。ゆきづまった黒木の前に現われたのは長身の男だ。彼に連れて行かれた秘密クラブ。メダルはその通行証でもあり、ロッカーの鍵でもあった。ロッカーの中には例の仏像。その時岡崎たちがかけつけた。絶体絶命、その時、黒木を救ったのは意外にも多美子だった。芦の湖上で多美子は言った。「もうすぐセスナが来て、お別れね」拳銃をつきつけて仏像を取り上げた多美子。その時追いついた岡崎の一味。続いて警官隊。仏像に秘められた宝石をめぐる、密輸のボス、多美子、岡崎の争いを特ダネとして、黒木はさっそうと東京へ飛び立った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。