日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京騎士隊
トウキョウナイトトウキョウキシタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年02月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Lost Cufflinks  
上映時間
81分  

原健三郎の原作により「俺の故郷は大西部」の山崎巌が脚本を書き「くたばれ愚連隊」の鈴木清順が監督した和田浩治のアクション篇。撮影も「くたばれ愚連隊」の氷塚一栄。

スタッフ

企画
児井英生
原作
原健三郎
脚色
山崎巌
監督
鈴木清順
撮影
永塚一栄
音楽
大森盛太郎
美術
中村公彦
照明
森年男
録音
福島信雅
編集
鈴木晄

ストーリー

アメリカへ留学中だった松原孝次は、土建業を営んでいる父が急死して日本へ呼び戻された。松原組々長三代目襲名披露の日、専務の三島は孝次を熱心に紹介した。だが、孝次はそんなことよりも新しく入学したミッション・スクールのサッカー試合の方に気をとられていた。試合は孝次の活躍で勝った。孝次は今度は音楽部へ入った。彼は先代の時から働いているじいやの甚作から、ホテル建設工事をライバルの徳武組に横取りされてしまったこと、父の死に疑いがあることを聞いた。数日後、ダム工事の入札が開発省で行なわれた。落札は徳武組のものときまりかけたが、孝次が不正があると談じこんで入札は保留となった。三島が徳武にしめあげられた。三島はこの入札にからんで松原組を裏切り、徳武組に入ることになっていたのだ。孝次は徳武の娘百合子に頼んで、徳武に会った。徳武は孝次を松原組の若社長として遇したが、なにかスッキリしない。その夜、クラブで孝次は徳武と三島の話し合いをテープに収めることに成功した。翌日、そのテープをもって三島と義母理枝に聞かせた。“松原組をつぶすのは訳ありません。あの女は私が手なずけてあります”理枝の顔は蒼白となった。ヤケになった三島は、徳武が孝次の父を殺したのだと口走った。徳武も本性を現わした。孝次を待ちぶせ、襲った。多勢に無勢、孝次は窮地に追いこまれていった。その時、百合子の決断によって、警察が駈けつけ、徳武一味は逮捕された。父を裏切った百合子の心情を思い、彼女を求めて孝次は駈け出していった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。