日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

痛快太郎
ツウカイタロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年01月28日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
65分  

「俺たちに太陽はない」の池田博が自らの脚本をもって監督するアクション・コメディ。撮影は「鑑賞用男性」の中島信雄。

スタッフ

製作
長島豊次郎
脚本
池田博
監督
池田博
撮影
中島信雄
音楽
いずみたく
美術
逆井清一郎
照明
高下享三
録音
堀義臣
編集
谷みどり
スチール
梶本一三

ストーリー

大友太郎は、大友コンツェルンの会長虎之助の一人息子である。彼はナイトクラブの歌手ピンキイ・山下に首ったけで、見合いをさせようという虎之助の意見など聞こうともしない。遂に勘当のうきめにあった。金の切れめが縁のきれめでピンキイにはふられるし、なじみの芸者ぽん太にまで素気なくされ、おまけに住んでいたアパートまで坦保にとられる始末だった。あばれた太郎は警察に留置され、弁護士の尽力で釈放されたが、大男に脅かされ宣伝カーに放りこまれた。荒野に置き去りにされた太郎は、盲滅法に歩き、やがて娘に出会い、東京のチベット地帯であることを教えられた。娘は晴子といい、猟師の金作爺さんとの二人暮し、附近のダム工事場で飯場の手伝いをしている。太郎はその家に世話になることになった。一方、虎之助は東京附近の山中にダムを建設中なのだが、その工事計画が三急電鉄のバス道路建設地と重なってシノギをけずっている最中だった。太郎は山裾の酒場で、亀と飲みくらべをしていたが、殺し屋の熊たちに喧嘩を売られた。彼らはバス道路工事の兼政組の作業員である。兼政組と乱闘となった。翌日、亀が行方をくらました。彼は兼政組のスパイだったのだ。太郎は自分の働いている所が父の会社のダム工事場であるのを知った。金作爺さんは虎之助の古い部下で、太郎がここに連れ出されたのも親心の計らいだったのである。太郎は兼政組になぐりこみをかけた。ところで晴子は丸菱商事の社長令嬢で、太郎の見合いの相手だった。今では太郎を愛している晴子は、太郎をだましているのが辛くなった。太郎は亀を捕えて虎之助に渡し、晴子を抱きしめた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。