日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花と娘と白い道
ハナトムスメトシロイミチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1961年03月06日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
62分  

石坂洋次郎の「リヤカーを曳いて」を、川崎俊祐が脚色し、「美しき抵抗」の森永健次郎が監督したホーム・ドラマ。撮影担当は萩原泉。

スタッフ

企画
大塚和
原作
石坂洋次郎
脚色
川崎俊祐
監督
森永健次郎
撮影
萩原泉
音楽
八洲秀章
美術
松井敏行
照明
三尾三郎
録音
橋本文雄
編集
丹治睦夫

ストーリー

ある地方の小都市--花屋の娘みや子は、お得意先に花を届けるのが楽しみだった。慈光院の見習僧法海はみや子が好きだ。だが、みや子の一番の楽しみは町の銀行だ。小使いの宮沢老人と一人息子で鉄道員の清吉がいた。老人はみや子を息子の嫁にしたがっていた。ある晩、みや子の家へ学友喬子の父松五郎がやってきた。父源三と何か熱心に話こんでいた。どうやら宮沢老人に頼まれたみや子の縁談らしい。それを立聞きした姉で未亡人の咲枝の顔は青ざめていた。翌朝、みや子は小説家の木村家に寄り話こんだ。その帰途、法海がみや子に咲枝と清吉が蓬びきしていると告げた。二人は愛しあっているのだ。寂しさを押えてみや子は決心した。宮沢老人に会って二人のことを話した。話は松五郎から源三に知らされた。縁談は成立した。が、咲枝はみや子のことを思い、置手紙を置いて翌日家を出た。みや子と清吉は懸命に姉を探した。姉は清吉がみつけた。--二人の結婚の日、みや子は貯めたお小遣いで電気洗濯機をプレゼントした。白い道を花嫁行列が行く。美しい姉の花嫁姿を、みや子と法海はいつまでも見送った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。