日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

彼女だけが知っている
カノジョダケガシッテイル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
1960年02月02日 
製作会社
松竹大船映画 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
63分  

高橋治の第一回監督作品で、脚本は高橋治と助監督の田村孟。高橋監督は、昭和四年生れ、東大文学部卒後、二十八年大船に入社、主に堀内真直監督に師事した。

スタッフ

製作
小梶正治
脚本
田村孟高橋治
監督
高橋治
撮影
川又昂
音楽
中村八大
美術
宇野耕司
照明
荒井公平
録音
西崎英雄
編集
浦岡敬一

ストーリー

歳末であわただしい東京の街は、四日目ごとに出没する強姦殺人魔の恐怖におののいていた。夏山警部補と、杉刑事はその捜査本部の一員だった。杉は夏山の娘綾子と将来を誓い合った仲だった。クリスマスの夜、綾子は杉を食事に誘ったが、捜査会議で杉は出られなかった。ひとり淋しく映画を見て、十時頃郊外の駅に降り立った綾子は、暴行魔に襲われて第四の犠牲者になってしまった。現場を通りかかった人があったために、辛うじて殺されなかったのがせめてもの幸いだった。夏山は悩んだが、北江捜査課長に一切を報告した。北江は秘密捜査とすることにした。夏山は綾子に証言を求めようとしたが、綾子は家を出て、親友の秀子のアパートに身を隠した。夏山の妻のとし子は思いあぐね、杉にすべてを打ち明けた。杉の衝撃は大きかった。悩んだ末に、綾子を訪ねた。「今夜の犯行を食いとめることができるとしたら、あなたが協力してくれること以外にないんだ」と頼んだ。犯罪の行われる四日目なのだ。しかし、綾子はかたくなだった。警視庁から異例の非常警告が発せられた。綾子は動揺した。意を決し、捜査本部へ車を走らせた。一足ちがいで、第五の犠牲者が出たところだった。しかし、綾子の積極的な協力で捜査はにわかに進展をみせた。特に、彼女の髪をすいたヘヤーブラシの中から、コンタクト・レンズが発見されたことは貴重な手がかりだった。犯人はその常用者であった。コンタクト・レンズ使用者の名簿によって、二百人の容疑者を照合した結果、五人が捜査線上に浮んだ。尾行、聞きこみの結果、西野、桜田という男にしぼられた。捜査本部は、正月のトソも祝わずに張込みを続けた。犯人は西野と判明した。西野は捕えられた。事件が落着し、夏山は辞表を提出した。警視庁の階段を下りる綾子を、杉が追って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。