日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

武士道無残
ブシドウムザン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年11月30日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

新人・森川英太朗が自らの脚本を監督した時代劇。森川監督は昭和六年生れ、慶大文学部卒後、三十年松竹京都に入社し、主に大曽根辰保監督に師事した。撮影担当は川原崎隆夫。

スタッフ

製作
岸本吟一
脚本
森川英太朗
監督
森川英太朗
撮影
川原崎隆夫
音楽
真鍋理一郎
美術
大角純一
照明
山本行雄
録音
舟野鬼子雄
編集
天野栄次

ストーリー

殉死が主家を救う唯一の道であり、名誉とされた頃。本多家十二万三千石の若君の死により、榊原信幸の弟伊織に白羽の矢が立った。死んだ若君とは三度しか会ったことのない十六歳の伊織だったが、兄にさとされ、城中の持仏堂参籠へ。追善のため五日間の供養をするのだ。伊織の殉死決定で信幸は百石の加増と御側衆に抜擢された。伊織に墓参のため宿下りが許されることになった。実の子のように育てた信幸の妻お幸は、彼を青いつぼみのまま死なせたくなかった。お幸は信幸に、伊織との同衾を願った。伊織は憧れであった義姉と一夜をともにした。母親としての気持で伊織を抱いたお幸だったが、伊織のことを思うと体が燃えた。夫への詑びを遺書にしたためた。その時、殉死罷りならぬの上意書、昨日までは死ねと命じてきた同じ紙切れが、今日からは死んでならぬという。伊織はお幸とともに逃亡した。お幸とあい抱いた。お幸は死のうと懐剣を伊織の体に突きさした。駈けつけた信幸の刄が、伊織を斬った。お幸は目から懐剣をつきたてた。信幸は凝然と立ちつくした。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。