日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

都会の空の用心棒
トカイノソラノヨウジンボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年12月07日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

若井基成の原作を、池田一朗と小川英が共同で脚色、「摩天楼の男」の野村孝が監督した、小林旭のアクションもの。撮影は「十六歳」の横山実。

スタッフ

企画
笹井英男
原作
若井基成
脚色
池田一朗小川英
監督
野村孝
撮影
横山実
音楽
池田正義
美術
大鶴泰弘
照明
河野愛三
録音
福島信雅
編集
鈴木晄

ストーリー

速水八郎は西武ヘリポートの操縦士だ。中央アルプス竜神岳の遭難者を救助せよという指令を受けた。八郎は遭難者の叔父と名のる男を連れて飛び立った。通信室では、恋人のゆかりが見送っていた。現場に到着した八郎は、遭難者とその叔父を甲府の病院まで運んだ。翌日出勤すると、整備員にリッターの中から出てきたと、ネガフィルムを渡された。遭難者は死亡、一緒にいた男は東京へ帰ったという病院の報告だった。--浅沼興業の社長室では、社長の浅沼や、叔父と称して八郎のヘリコプターに同乗した男たちが、八郎の持っているフィルムを取戻す相談をしていた。久美子という女が八郎を訪ねてきた。遭難した男駿一の恋人だった。駿一は区役所の管理課で働いていたのだが、書類にある土地が浅沼興業に払い下げられることを知った。彼は不正な利得をむさぼる上層官吏を一掃するため契約書を写真に撮って証拠にしようとしたのだ。八郎は財布を盗もうとしたスリの浩をつかまえたが、やがて浩は八郎の人柄にひかれていった。漁船の破傷風患者にワクチンを運ぶ仕事ができた。八郎は浩をむりやり乗せ、飛び立った。が、見学者にまぎれこんだ浅沼の子分が、ヘリコプターの燃料パイプのネジをゆるめておいたことに気がつかなかった。不時着し、危うく助かった。そのころ、久美子が浅沼らの手によって誘拐された。ゆかりから知らされた八郎はそのまま浅沼のビルの屋上に降りた。久美子を救ったが、フィルムは手渡さなければならなかった。現像された写真を見て、八郎は息をのんだ。「実物はこの写真に撮ってある岩の下にある!」浅沼もこれに気づいた。彼らは二人を監禁し、竜神岳に同った。が、浩の手腕がモノをいい鍵を盗み出し、二人も脱出し浅沼らの後を追った。八郎のヘリコプターに行手をふさがれた浅沼らの車は、崖下に転落した。--一週間後、浩はヘリコプターの助手になり、ゆかりや久美子らに見送られ、八郎と一緒に機上の人となった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。