日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

よせよ恋なんて
ヨセヨコイナンテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年10月26日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Man's Ambition  
上映時間
44分  

松浦健郎の原作を、「借りは返すぜ」の石井喜一が脚色し、「小雨の夜に散った恋」の吉村廉が監督した歌謡アクションもの。撮影は「借りは返すぜ」の松橋梅夫。

スタッフ

企画
笹井英男
原作
松浦健郎
脚色
石井喜一
監督
吉村廉
撮影
松橋梅夫
音楽
河辺公一
美術
千葉一彦
照明
安藤真之助
録音
八木多木之助

ストーリー

キャバレー“ドミノ”のピアノ弾き湊新治は、社長の赤沢から身替りを頼まれた。赤沢は会長の女に手を出し自殺させてしまったのだ。足を洗おうとしていた新治は、堅気になることを条件にハマから姿を消した。その夜、会長は赤沢をおどすために乾分の笠井をさし向けた。その時、“ドミノ”に歌手志望の家出少年・次郎が職をさがしにきていた。次郎は笠井の拳銃から赤沢をかばった。赤沢は「会長の女に手を出したのは新治なんだ」と笠井に言った。笠井一派はすぐ新治の後を追った。次郎は“ドミノ”に養われることになった。新治は故郷の浜松で幼なじみの雅子と会っていた。笠井らが踏みこんできて、新治は指を痛められた。ピアノ弾きにとって命でもある指を。三ヵ月後、新治は“ドミノ”に舞い戻った。次郎は歌手の杏子を情婦にし、いっぱしのやくざ気取りだった。赤沢は、会長が亡くなった今、自殺した一件を新治にしゃべられてはと、笠井に新治を殺すよう命じた。新治は次郎を一流の歌手にしようとした。次郎はレッスンに励んだ。発表会の日が来た。次郎の姉が訪ねてきた。浜松の雅子だった。杏子が赤沢の餌食になろうとした。新治と赤沢、笠井らの対決となった。新治は杏子を連れ出すことに成功した。会場では次郎の歌に拍手が送られていた。新治は雅子を見つけた。と、刑事が横に立ち、新治に手錠をかけた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。