日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鎮花祭
チンカサイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年11月01日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

丹羽文雄の週刊誌連載小説の映画化。「喧嘩太郎」の松浦健郎が脚色し、「熱い砂」の瑞穂春海が監督した。撮影は「女妖」の中川芳久。

スタッフ

製作
中泉雄光
企画
原田光夫
原作
丹羽文雄
脚色
松浦健郎
監督
瑞穂春海
撮影
中川芳久
音楽
池野成
美術
仲美喜雄
照明
渡辺長治
録音
須田武雄

ストーリー

XYKテレビのディレクター古田は朝比奈公仁子をタレントとして売り出そうと懸命だった。その情熱は彼女のためだけというより、彼自身の欲望のためもあった。独身でアパート暮しという言葉を信じ、公仁子は古田の部屋で演技の指導を受け、二人が結ばれたのも間もなくのことだった。戸狩陽子は田舎で父の勧める縁談を嫌って家出、朝比奈家に同居していた。公仁子には長い捕虜生活から帰った兄正方がいた。朝比奈家の希望で陽子と正方は結婚することになった。結婚式場で陽子は弟浩の紹介で銀座六愛の青年重役鯉淵一重を知った。鯉淵は陽子をひそかに愛していた。熱海の夜、正方と陽子の結びつきは、陽子の肉体的欠陥で最悪の事体をひきおこした--。正方は公仁子のテレビ出演から古田の存在を怪しみ、何かを企んだ。夫婦生活の破綻と長い捕虜生活は、正方の性格を兇暴にし、陽子を虐待した。公仁子は陽子に別居をすすめた。正方はあるキャバレーで絹子という女供を知った。彼女は古田の妻だった。正方は家を空け、工場の離れに泊った。工場長の万座夫婦は娘晴江を彼に接近させた。正方の追求がきびしくなり、陽子は鯉淵を訪ねて店で使ってくれと頼んだ。陽子は鯉淵の求愛も拒否せねばならなかった。正方は妹の復讐に絹子を犯した。陽子は朝比奈家に戻った。妊娠した晴江は正妻にしてくれといったが正方は拒否した。正方は公仁子の眼前で古田に本妻がいることを暴いた。兄の行為のすべてを知って激怒した。正方はすべてがイヤになった。陽子の離婚にも同意した。陽子は鯉淵の店で働くことになった。二人の結ばれる日はそう遠いことではないだろう。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。