日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

失われた16年
ウシナワレタジュウロクネン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年09月13日 
製作会社
日本映画新杜 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
One-Eyed Dragon Mystery  
上映時間
77分  

グァム島から帰った伊藤、皆川両氏が現在の日本の政治、社会、文化、民俗等を見て廻り、彼らが失っていた戦後十六年を記録フィルムを通して回顧しようというもの。

スタッフ

協力
伊藤正皆川文蔵
撮影
平木靖日映撮影班
構成
小笠原基生
編集
大峰晴遠山宏
製作
林田重男
製作進行
佐々木康太郎
語り手
横森久
録音
神口章
音楽
武田俊一冬木透

出演者

ストーリー

戦争の終ったのも知らず、グァム島のジャングルにひそんでいた二人の日本兵が帰ってきた。南の島での十六年、その間に日本は敗戦から復興へのめまぐるしい歴史を生きた。伊藤さん、皆川さんは上京し、人間ドックに入った。「東京ってずいぶん汚ないところだ」伊藤さんはそう呟いた。二人は皇居前に立った。天皇の人間宣言、復員、財閥解体、東京裁判。二人は「戦争だけはもう沢山です」と言った。デパートに入った。戦後強くなったのは、女と靴下だという。ヒロポン、競輪、パチンコが流行し、カミナリ族、ロカビリー族、ファンキー族を作った。マスコミにのって皇室ブームがおこった。しかし、伊藤さんは皇室の現況には興味を示さなかった。ナイター見物に出かけた。背番号3が二千万円の長嶋だといわれてもピンと来なかった。グァム島で気になっていたのは日本の軍隊がどうなったかということだった。朝鮮戦争勃発直後、アメリカの命令でできた警察予備隊が保安隊、自衛隊と変った。武器はみんなアメリカ。二人が帰国してまっ先に覚えた言葉が「アンポハンタイ」だったという。原爆の記録映画を見て、想像をこえたすさまじさに驚いた。伊藤さんは故郷に帰った。東京で何を見、何を知ったか。それは、これから少しずつ伊藤さんの再出発の手がかりとなるだろう。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。