日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

借りは返すぜ
カリハカエスゼ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年09月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
53分  

石井喜一の脚本を、「白い閃光」の古川卓巳が監督したアクション・ドラマ。撮影は「小雨の夜に散った恋」の松橋梅夫。

スタッフ

企画
笹井英男
原案
松浦健郎
脚本
石井喜一
監督
古川卓巳
撮影
松橋梅夫
音楽
小杉太一郎
美術
松井敏行
照明
熊谷秀夫
録音
宮永晋
編集
丹治睦夫

ストーリー

神戸。無宿男の良次がたたきつけた一枚の力ードで、秘密の賭博場は大騒ぎとなった。良次は暗闇の路地に追いつめられた。と、黒い影がすり寄り、拳銃が良次の手に渡された。彼は危機を脱した。--二年後、良次は銀座のキャバレーでバーテンとして働いていた。良次は洋装店で働くルミにひかれていたが、ルミには行万不明になった愛人がいたことを知るとあきらめようとした。キャバレーの支配人長沼は、社長の黒谷と組んで麻薬の密売に手を出していた。が、長沼は売手の権藤から大量の薬の取引きを受けると、黒谷をだまして丸儲けしようと企んでいた。黒谷は殺された。翌日、社長代理におさまった長沼は良次を呼び出し、麻薬の運び人になれと命令した。良次は拒否した。ルミが捕えられた。長沼は権藤に良次を殺すよう命じた。権藤は麻薬に犯されていたので、言うことをさかざるを得なかった。人気のない土手で、良次と権藤は対決した。二年前、神戸で良次を救った黒い影は権藤だった。二人は、力を合せることにした。キャバレーに殴りこんだ。支配人室に閉じこめられていたルミも良次に救い出された。権藤が長沼の一弾に倒れた。ルミがとりすがった。彼女のかつての愛人だったのだ。良次が長沼を撃った。「長沼は俺がやったことにするんだ。ルミをたのむぜ」と言って権藤は死んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。