日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

海の情事に賭けろ
ウミノジョウジニカケロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年09月17日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「一匹狼(1960)」の滝口速太の脚本を、「拳銃無頼帖 不敵に笑う男」の野口博志が監督した赤木圭一郎のアクション・ドラマ。撮影は「俺は流れ星」の永塚一栄。

スタッフ

企画
坂上静翁
脚本
滝口速太
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
鏑木創
美術
小池一美
照明
高橋勇
録音
高橋三郎
編集
辻井正則

ストーリー

夏を海で過すため、牧蘭子は友人と房州の別荘に行った。彼女は東西貿易社長牧浩太郎の娘で、友人グループの花形だった。ある日、ヨットで海に出かけた蘭子はピストルで負傷した栗谷剛一という青年に会った。彼は新聞記者志望の大学生で、故郷から東京に戻る途中、何者かに襲われたという。治療のため別荘にとどまった。剛一には恋人の杏子がいるのを知りながら彼に惹かれた蘭子は積極的に近づき関係した。数日後、新聞に殺人事件の被害者の写真として剛一の写真がのった。名前は新宿の水野組幹部加東勇二となっていた。人違いをした犯人は剛一が死んだと思っているのだ。事件を追求しようと東京に向った。剛一は杏子の兄で毎朝新聞社会部記者殿村に協力を頼み、その夜、水野組の根城でキャバレー“サブリナ”に勇二になりすまして乗りこんだ。驚いた水野は剛一を殺そうとしたが、勇二の情婦百合子が彼は違うと危機を救った。彼女は勇二と剛一が双生児と推察し、剛一は母に真相を聞くため故郷に帰った。母せつは二人は双生児だといい、勇二の居場所を教えた。水野は剛一を襲った殺し屋村川に百合子を脅迫させ、勇二の居所を聞きだそうとしたが、彼女はいわなかった。が、水野は百合子のアパートから勇二が銚子の山奥で樵人をしているのを知った。村川は勇二を襲ったが、逆に勇二に撃たれた。その時、勇二を探しに剛一も銚子にやって来て勇二会った。勇二は水野の密輸事件に関係し、足を洗おうとしていた。しかし、水野がこれに反対し彼を消そうとしたのだ。勇二は自分の孤児同然の身の上を思い、剛一を憎んだ。別れ際、勇二は水野の黒幕が牧浩太郎だといった。剛一は蘭子を訪ねた。裏の納屋で密輸ダイヤを発見した。真相を知った殿村に、剛一は逮捕前に牧に自首をすすめた。が、牧はピストルを抜いた。そこへ蘭子が飛び出し、父の弾丸に当たって死んだ。殿村はスクープに成功、剛一と杏子は喜びあった。が、彼の心には蘭子の面影が苦い思い出として残った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。