日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

風流深川唄
フウリュウフカガワウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年09月13日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

川口松太郎の原作を、「続べらんめえ芸者」の共同執筆者・笠原和夫が脚色し、「鹿島灘の女」の山村聡が監督した、料亭の看板娘と板前との恋物語。撮影は「続々べらんめえ芸者」の西川庄衛。

スタッフ

企画
原伸光
原作
川口松太郎
脚色
笠原和夫
監督
山村聡
撮影
西川庄衛
音楽
米山正夫
美術
進藤誠吾
照明
元持秀雄
録音
加瀬寿士
編集
祖田富美夫

ストーリー

深川富岡八幡の祭礼にわく門前仲町に、深川名物の一つと謳われて古いのれんを守る料理茶屋“深川亭”がある。看板娘のおせつは美しい生ツ粋の深川育ち、その評判は遠くまで人の心を集めていた。女房を早く亡くした父の伊三郎は、内妻常盤津師匠文字力を知ってからは、気丈なおせつに店の切り廻しをまかせていた。おせつを助ける板前の長蔵はゆくゆくはおせつと夫婦になる仲だった。祭の一夜が明けた深川亭に思わぬ運命がまいこんだ。恩人太田を救うため深川亭を担保として金を作った伊三郎の好意が仇になり、深川亭は強制執行を受けた。伊勢春を筆頭に親戚縁者の罵倒は激しかった。おせつはのれんは惜しいが、新しい生活にも希望はあった。二人の約束に長蔵の母お滝は驚いた。二人の仲をさいておせつを邦栄堂の若主人に嫁がせ、深川亭再建を計る伊勢春は、昔気質のお滝を説きふせた。おせつは哀しいが、伊三郎から受けた恩も厚かった。長蔵の身にしみ込んだ義理人情の血は母親の願いをふりきれなかった。長蔵は兄貫分の板前助二郎に身柄をあずけた。長蔵の決意の変らぬことに絶望したおせつは、邦栄堂との話にのった。伊三郎の親心も、文字力の尽力も空しく、伊勢春たちの喜びのうちに、結婚の手どりはすすんだ。長蔵の家にもおせつの涙をかくした祝い膳は配られた。お滝の手をふり切った長蔵は、永代橋にかかったおせつの花嫁行列を追った。おせつの顔に悲しい決意を読み取った長蔵は、思わず人力車を掴んだ。涙を流すおせつを乗せて、車はたちまち河岸通りから消えた。--新開地の小料理屋“ふかがわ亭”をいとなむのは若い夫婦、遠く離れた深川八幡の祭り提灯の出ているのが曰くありげである。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。