日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

摩天楼の男
マテンロウノオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年09月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Human Jangle  
上映時間
78分  

城戸礼の原作を、「トップ屋取材帖 影を捨てた男」の星川清司が脚色し、「爆破命令」の野村孝が監督したものでダム工事場を舞台にしたアクション・ドラマ。撮影は「喧嘩太郎」の山崎善弘。

スタッフ

企画
浅田健三
原作
城戸礼
脚色
星川清司
監督
野村孝
撮影
山崎善弘
音楽
松村禎三
美術
坂口武玄
照明
森年男
録音
八木多木之助
編集
鈴木晄

ストーリー

大峡谷にそそりたつ電神ダム。その建設にあたる三浦組と荒川組との間には、はげしい対立があった。そんな頃、竜崎三四郎が三浦組の現場監督として乗りこんできた。片桐所長の妹夏子は、彼の体に潜むエネルギーを感じた。三浦組の現場では事故が続出していた。荒川組の仕業なのだ。組頭の源吉がいくらくやしがっても、証拠がないので手が出ない。東京の雑誌社では、電神ダム取材のことで大騒ぎだった。現場の妨害で記者が重傷を負ったのだ。カメラマンの井川ユリが強引に名のりを上げた。数日後、ダム工事場へ向う三四郎は、一人の浮浪児を拾った。ユリが変装したのだ。彼女はむりやりにカメラ助手になってしまった。三四郎に一目惚れした、山麓にある町のキャバレーのマダム吟子が、工事現場までやって来て彼を追いまわした。夏子、ユリの心中は穏やかでなかった。荒川組の妨害は相変らず続いた。作業員の宿泊所が火事になった。一人の老作業員が、子供が中にいるとわめいた。三四郎が火炎の中におどりこんで救った。源吉や作業員たちの目に、三四郎が別人のようにうつり出した。荒川組のボス荒川は、三四郎を片づけるよう命じた。火事も彼の命令だったのだが、かえって三浦組の士気を高めるような結果になってしまったのだ。ユリが荒川組につかまった。三四郎一人で受取りに来いと挑戦してきた。三四郎は、一人夜のダムにのりこんだ。荒川組の幹部に囲まれたユリと、全身黒ずくめの大男が待っていた。獅子黒というプロレスラー上りの男だ。三四郎と獅子黒の争闘。獅子黒が三四郎を谷底に投げこもうとした一瞬、三四郎のプロペラ投げが爆発した。獅子黒は二度と立てなかった。三四郎はユリを力強く抱きしめた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。