日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

金語楼の俺は殺し屋だ!
キンゴロウノオレハコロシヤダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年08月16日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67分  

「この髭百万ドル」の高橋二三の脚本を、「刑事物語 小さな目撃者」の小杉勇が監督した喜劇。撮影は「浅草姉妹」の山崎安一郎。

スタッフ

企画
柳川武夫
脚本
高橋二三
監督
小杉勇
撮影
山崎安一郎
音楽
小杉太一郎
美術
西亥一郎
照明
吉田一夫
録音
橋本文雄
編集
近藤光雄

ストーリー

落ち目のやくざ都鳥一家の女親分ミキは、世界的な殺し屋“苦が虫の金造”を香港からよびよせ、勢力挽回を計った。ところがその歓迎パーティの準備中、金造とウリ二つの山下敬吉というサラリーマンが一家の者にひろわれた。小心者の彼は退職金五百万円を盗まれ、自殺を計っているのを救われたのである。歓迎パーティの席上、金造は酔って泣きだした。彼は泣き上戸だったのである。あわてたミキは咄嗟に敬吉に黒装束を着せ、殺し屋のかえだまを仕立ててその場をつくろった。拳銃の試し撃ちも、何者かがカーテンのすき間から敬吉の代りにシャンデリアを撃ち落とし、成功に終った。金造の第一回目の仕事は銀行ギャングだった。だがその当日、また彼の泣き上戸がはじまり、敬吉が再び身代りにたった。襲撃先の銀行は敬吉の娘弓子の勤め先だった。敬吉はわざと失敗して、一味のアジトであるバー・アトミックのマッチを落して逃げた。日の出の勢いの都鳥一家をねたんだ梶山組はある日寝込みを襲って金造を殺した。そしてミキの一粒種茂夫をさらった。決死の勢で茂夫をとりもどした敬吉は、いよいよ金造の仕事をそのままやることになった。一億円の大取引の日がきた。警官隊にふみこまれて、敬吉とミキは金をもって逃げだした。それを警視庁の佐々木刑事と弓子が追った。敬吉は金造として捕えられ、弓子に罪がおよぶのを防ごうとした。その時、梶山が一同の後ろから拳銃をつきつけた。しかし彼の銃は、黒づくめの男の手で撃ち落された。そして、ものかげから現れたその男は、敬吉と弓子をうしろにかばった。たびたび敬吉を助けた何者ともしれぬ男は、死を装っていた本物の金造だったのである。梶山と改めて対決し、相撃ちで倒れた彼は、敬吉親娘の幸福な前途を祝福して死んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。