日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

銀座のどら猫
ギンザノドラネコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年09月01日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

「襲われた手術室」のコンビ田坂啓と下飯坂菊馬の共同オリジナル・シナリオを、「扉を叩く子」の井上芳夫が監督した青春篇。撮影は「三人の顔役」の小林節雄。

スタッフ

製作
中泉雄光
企画
原田光夫
脚本
田坂啓下飯坂菊馬
監督
井上芳夫
撮影
小林範雄
音楽
池野成
美術
山口煕
照明
渡辺長治
録音
三枝康徐

ストーリー

裏銀座を洋子、万里を連れてのし歩く本堂由美。彼女の父はかつて銀座でテキヤの親分であったが今は亡い。由美達のたまり場バー・ファンキーで彼女は城山英次を知った。大阪から出て来たと言う英次は、訪ねる男の死を由美から聞いて当惑していた。持ち前の義侠心から英次を、洋子の恋人並木のアパートに案内した。英次は大阪の柏組の幹部であるが、恋人淳子の体を親分柏が狙ったため柏を刺してしまった。柏一味の眼が光って淳子との逃避は無理だ。再会を約してひとまず東京に落ちつき先を求めて来ていたのだ。銀座に縄張りを持つ篠原組を通じて柏組の殺し屋が英次のかくれ場所をつきとめた。これを知った由美は英次をあるホテルへ逃した。篠原組は由美を捕え激しくせめたが、いつしか英次を愛するようになった由美はこれに耐えた。淳子を待って毎日東京駅へ行くが彼女はやって来なかった。そして淳子から絶縁状が送られて来た。由美の一途なまでの献身さに英次はいつまでも甘えてはいられなかった。大阪に帰る、女が裏切った真相を確かめたいという置手紙を残して英次の姿は消えた。それを見て今更に彼を深く愛している自分を由美は知った。だが英次は由美のもとに帰って来た。絶縁状まで寄こした女に未練はなくなったと言って--。その日二人は結ばれた。しかし殺し屋に狙われている英次の身を案じた由美は、親から貰った銀座の店を売り北海道へ行くことにした。その旅支度の最中、突然並木に伴われて淳子が訪れた。絶縁状は父親が書いたのだと言う淳子は妊娠していた。それを知って由美は身を引く決心をした。しかし、淳子の後をつけた柏組の殺し屋がおどりこんで来た。由美はとっさに傍にあった鋏を取るなり殺し屋にぶつかって行った。「幸せになるのよ二人とも、誰が邪魔しても……」と言いながら由美は警官に連れられて行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。