日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

拳銃無頼帖 不敵に笑う男
ケンジュウブライチョウフテキニワラウオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年08月06日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

赤木圭一郎の拳銃無頼帖シリーズの第三作。城戸礼の原作を、「若い突風」の山崎巌が脚色し、「俺は流れ星」の野口博志が監督した。撮影は「天下を取る」の横山実。

スタッフ

企画
浅田健三
原作
城戸礼
脚色
山崎巌
監督
野口博志
撮影
横山実
音楽
山本直純
美術
小池一美
照明
高橋勇
録音
高橋三郎

ストーリー

三年前、人を殺して刑務所へ入っていた早射ちの竜が金沢へ帰ってきた。堅気になって、恋人のユリとまともな生活をしようと決めていた。だが、ユリは一年前に事故で死んでいた。ユリの妹博子は、ユリの死は竜の責任だと言った。町では、浜田組と船場組とが争っていた。竜に射たれて不具になった相原が、竜を襲った。その時、どこからともなく一人の男が現われ、竜にピストルを投げて助けた。浜田組の用心棒でコルトの謙という殺し屋だった。竜といつか勝負をしたいから助けたのだという。翌日、竜は警察へ行き、ユリの死因を調べた。プラットホームから足をすべらし列車に轢かれたことになっていた。しかし、竜は殺されたのだと思った。竜は船場に仕事を頼まれた。時価四千万円の盗品のダイヤを浜田組に売りつける取引だった。が、竜は断った。船場は、浜田組の身内がユリをホームから突き落としたのだとそそのかした。翌日、竜は博子に会った。妹の則子を彼女の店で働かせてくれるよう頼んだ。と、船場組の源と鉄がやってきて、博子を連れ去ろうとした。博子は船場から金を借りていたのだが、その金の代りに体を強要されていたのだ。源と竜とは対峙した。と、現われたコルトの謙が源の拳銃を射ち落とした。竜は謙と一緒に浜田に会った。浜田はユリを殺したのは船場だと言った。船場は浜田が殺したといい、浜田は船場が犯人だというのだ。竜は船場に会い、博子にイヤガラセをしないという条件で、ダイヤの取引きを引き受けた。竜と博子の間には、愛が芽生えていた。取引きの夜、竜は源とともに、鬼島に向かった。浜田組の相原が竜を射ち、竜は海中に消えた。竜が持っていったバッグの中はガラス玉だったのだ。が、竜は生きていた。再び、ダイヤの取引きが行われた。しかし、ダイヤも札束もニセだったことから、乱射戦となった。船場組はマシンガンを使い、浜田組を圧倒した。博子が駈けつけ、則子と恋人の五郎が鉄にホームから突き落とされたと言った。ユリを殺したのも、船場と鉄だったのだ。竜は怒り、逃げる行手に謙が立ちふさがり、二人を射った。謙は警官の手錠を受けた。二人を追いつめた。が、逃げる行手に謙が立ちふさがり、二人を射った。謙は手錠を受けた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。